“キング”レブロン・ジェームズは英雄カリーム・アブドゥル・ジャバーを超えられる?

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、日本時間12月15日(現地14日)に行われたニューヨーク・ニックス戦で名手レイ・アレンが持つ3ポイント成功数のNBA記録を塗り替えた。『NBA.com』のショーン・パウエル記者は、“次なる大記録”の可能性を検証している。 「ステフィン・カリーがNBAの3ポイント成功数記録を更新したので、ほかの重要なマイルストーンを調べる時が来た」 このように切り出し、レブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)の“カリーム・アブドゥル・ジャバー超え”にスポットライトが当てられた。12月31日(現地30日)に37歳となるジェームズは歴代3位の3万5811得点を記録しているが、トップのジャバー(3万8387得点)まであと2576得点。パウエル記者は、2022-23シーズン終了までレイカーズとの契約を残るジェームズが1位になる可能性は十分あると見立てている。 「レブロンが深刻な怪我を負わなければ、カリームの記録を捉えるだろう。早ければ来シーズンの終盤戦でその時は訪れるかもしれない。次に史上最高のプレイヤーとして議論される選手は、レブロンのように耐久性と才能が求められる、分かりやすく言えば、少なくとも12年は平均25~30得点を維持しないといけない」 通算の出場時間も、ジェームズはジャバー(5万7446分)まであと6760分。こちらに関しても「健康状態で良好であれば、これは到達可能」とし、「レブロンは得点、リバウンド、アシストでもトップ10に入るはず」と予想している。 今季は足首や腹部の痛みで10試合以上を欠場しているが、これまで通りの“鉄人ぶり”が健在であれば、ジェームズはさらなる勲章を手にしていくのは間違いなさそうだ。

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. “キング”レブロン・ジェームズは英雄カリーム・アブドゥル・ジャバーを超えられる?