【全チーム写真あり】NBAがリーグ創設75周年を記念した「NBAシティ・エディション・ジャージー」を発表

日本時間11月2日(現地1日)、NBAはリーグ創設75周年を記念した「NBAシティ・エディション・ジャージー」を発表した。ナイキが手掛けたこれらのジャージーは、各30チームごとに忘れがたい場面をデザインに落とし込んでいる。

アトランタ・ホークス

前面の背番号とショーツのストライプは、1968年に登場した最初のユニフォームに敬意を表したもの。前面のグラフィックは90年代に採用されたデザイン。

ボストン・セルティックス

1946年と1949年のユニフォームのディテールに加え、王朝を築いた1960年代のデザインを落とし込んだ仕上がりに。

ブルックリン・ネッツ

アーガイル柄のサイドパネルは、2002年と2003年にイースタン・カンファレンスを制した当時のチームへの敬意を表している。ショーツのパッチは80年代を彷彿とさせる。

シャーロット・ホーネッツ

象徴的なピンストライプを採用。ショーツは、チーム創設の年である1988年に登場したオリジナルキャラクター、ヒューゴのデザインを復活させている。

シカゴ・ブルズ

ショーツのダイヤモンドカット部分には、チームの2度目のスリーピートにちなんだブラックピンストライプが描かれている。

クリーブランド・キャバリアーズ

1970年代のチームと「リッチフィールドの奇跡」に敬意を表したパターン。ショーツは1980年代と1990年代のプレイオフで活躍したチームロゴと、優勝した2016年シーズンのロゴを配している。

ダラス・マーベリックス

チーム創設初期を想起させるカラーリングに加えて、ウェスタンスタイルのタイポグラフィとカウボーイハットがポイント。

デンバー・ナゲッツ

サイドパネル、ショーツ、ネックラインに、レインボーテトリスパターンを採用。ダイヤモンド柄は、ABAに在籍していた1975-76シーズンのチームへの敬意を表している。

デトロイト・ピストンズ

ショーツには1970年代後半のチームを彷彿とさせる稲妻のようなデザインが施されている。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ

約50年にわたってチームの本拠地だったオークランドからインスピレーションを得ている。2000年代後半に活躍した「We Believe」のオマージュも。

ヒューストン・ロケッツ

1990年代半ばのジャージーからインスパイアされた。ショーツには1994、1995年と連覇を達成した時のチームロゴがあしらわれている。

インディアナ・ペイサーズ

裏地やサイドパネルには、1970年代初頭のABAでの3度の優勝や、2000年のイースタン・カンファレンスでの優勝など、チームのレガシーに敬意を表したディテールが施されている。

ロサンゼルス・クリッパーズ

過去のチーム名であるバッファロー・ブレーブスやサンディエゴ・クリッパーズをイメージしたパシフィックブルーを採用。

ロサンゼルス・レイカーズ

メインカラーは1960年代後半に登場したパープル。ショーツにはアクセントカラーとして、ミネアポリス時代のベビーブルーを採用。

メンフィス・グリズリーズ

ブリティッシュ・コロンビア州からテネシー州までの広範囲にわたるチームの背景を反映。ショーツに施されているクマのロゴは、現在のカラーリングにアップデートされている。

マイアミ・ヒート

フランチャイズ史上、象徴的なジャージーの文字と数字をコラージュ。金のストライプは2014年のNBAファイナル第6戦での最終盤、アリーナのスタッフが持ち出したセキュリティロープを象徴。

ミルウォーキー・バックス

現在のジャージーでも使用しているグリーンとミシガン湖のブルー、2001年のサイドパネルブロッキング、2010年代のネックライン、そして2021年の優勝時に着用したナンバーセットを採用。

ミネソタ・ティンバーウルブズ

チーム創設時の1989年のチームカラーを踏襲。ショーツにはチームの起源を象徴する狼のロゴが施されている。

ニューオーリンズ・ペリカンズ

赤、金、ネイビーのストライプに加え、「NOLA」のエンブレムが施されている。

ニューヨーク・ニックス

ショーツのサイドにはホームアリーナであるマディソン・スクエア・ガーデンのグラフィックがプリントされている。

オクラホマシティ・サンダー

2012年から2016年まで着用されたサンダー初のオルタネイトユニフォームの縦文字を復活。

オーランド・マジック

ピンストライプは、1990年代のチームを象徴する「Why Not Us? 」と「Why Not Now? 」という2つの文字で構成されている。

フィラデルフィア・76ers

ジャージーのサイドには、アリーナの特徴であるマルチカラーのパターンが施されている。

フェニックス・サンズ

胸元の水平方向のストライプは、アリゾナの日没と日の出の色合いを表現するために、色のスペクトルを使用。

ポートランド・トレイルブレイザーズ

Rip City "の文字は、1990年代風のレトロなフォントにドロップシャドウが施されている。

サクラメント・キングス

ショーツの腰の部分には、キングスの前身ロチェスター・ロイヤルズのロゴのリミックスバージョンが採用されている。

サンアントニオ・スパーズ

ショーツにはABA在籍時のチームダラス・チャパラルズのロゴをプリントしている。

トロント・ラプターズ

ギザギザのラインが施されたショーツのデザインは、チーム発足時のユニフォームからインスパイアされたもの。

ユタ・ジャズ

ショーツのカラーが左右非対称になっているのは、左足に山脈が描かれていた1990年代後半のユニフォームへのオマージュ。

ワシントン・ウィザーズ

青をベースにした赤のストライプは、ウェス・アンセルドがリーグMVPと新人王を受賞した1968年のジャージーへのオマージュ。

「もっと恐ろしいことになる」 ウィザーズのブラッドリー・ビールがチームのさらなる成長に期待

「自由にプレイできるようになった」 ピストンズの新人ケイド・カニングハムがNBAデビュー

渦中のベン・シモンズが76ersの練習場で個人メニュー消化も…不透明な将来は変わらず

「観る理由がある」NBAの2021-22シーズンを「NBA Rakuten」で!

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【全チーム写真あり】NBAがリーグ創設75周年を記念した「NBAシティ・エディション・ジャージー」を発表