ジョエル・エンビード、背信行為を続けるベン・シモンズに警鐘「すべての選手を軽視しているギリギリの行動」

フィラデルフィア・76ers(以下、シクサーズ)のベン・シモンズは、チームに移籍を希望したとされ、トレーニングキャンプにも合流していない。同僚のジョエル・エンビードは、背信行為を続けるシモンズに対して失望感を口にしている。『ESPN』が伝えた。 シクサーズは昨季、イーストの第1シード(49勝23敗)を獲得するも、プレイオフのカンファレンス準決勝でアトランタ・ホークスに敗戦。オフの間、シモンズのトレードの噂が飛び交い続けた。 シモンズ本人もチームに移籍希望の意思を表明したとされ、トレーニングキャンプに合流せず。2017-18シーズンからコンビを組むセンターのエンビードは、「この状況に失望している。それぞれの生活のためにここで戦っているすべての選手を軽視しているギリギリの行動だ」とシモンズの姿勢に否定的なコメントを残した。 もっとも、エンビードもシモンズを見限ったわけではなく、チームに戻ってくれば大きな戦力になると見解を述べている。 「彼がいれば、俺たちはより良いチームになる。それに疑いの余地はない。俺たちは今でも、彼が考えを変えてくれることを望んでいる。でも、チーム全員が心配してしまっている状況を恨んでいる」 なお、シクサーズは新シーズンの契約の25%にあたる825万ドル(約9億2000万円)をシモンズに支払わず、シモンズは日本時間10月2日(現地1日)にエスクロー口座(第三者預託)へ入金。10月5日(同4日)に行われるプレシーズン初戦のトロント・ラプターズ戦までにチームに戻らなければ、22万7000ドル(約2500万円)の罰金処分となり、毎試合欠場するごとに同額が差し引かれるという。

関連タグ

チーム

  • 76ers

選手

  • Joel Embiid
  • Ben Simmons

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジョエル・エンビード、背信行為を続けるベン・シモンズに警鐘「すべての選手を軽視しているギリギリの行動」