【2021-22シーズン】全30チームプレビュー:ボストン・セルティックス

NBAは日本時間10月20日(現地19日)に、リーグ75周年となる2021-22シーズンが開幕する。NBA Rakutenでは節目となるシーズンを前に、各チームの戦力状況や見どころを1チームずつ紹介していく。

フロント、現場ともに体制変更

イースタン・カンファレンス決勝に進出した2019-20シーズン以上の結果が期待されて昨シーズンに臨んだボストン・セルティックスだったが、想像以上に苦しい1年となった。シーズン序盤にはジェイソン・テイタムが新型コロナウイルスに感染し、終盤にはジェイレン・ブラウンが左手首の怪我でシーズン終了となるなど、シーズン通してフルメンバーで戦うことができずにプレイオフでは1回戦で早々に姿を消した。 5年ぶりの1回戦敗退という結果を受け、オフにはフロントに大きな変化が訪れている。これまでロスター人事を仕切ってきたダニー・エインジ球団社長が辞任すると、8年間チームを指揮したブラッド・スティーブンスHC(ヘッドコーチ)がその座に昇格。そして空席となったHCのポジションには、ブルックリン・ネッツでアシスタントコーチを務めていたアイメ・ウドカを招聘している。 その後はロスターのテコ入れに着手。まずは怪我がちだった司令塔のケンバ・ウォーカーをトレードで放出し、ベテランビッグマンのアル・ホーフォードを3年ぶりに呼び戻した。ウォーカーの後釜には、FAだったデニス・シュルーダーを1年契約で獲得。そのほかにも、昨季チームにフィットしなかったエバン・フォーニエとトリスタン・トンプソンに見切りをつけ、代わりにジョシュ・リチャードソン、イネス・カンターらを迎え入れるなど、テイタム、ブラウンの若手スターデュオをサポートする体制を整えた。

掲げる堅守復活と全員バスケ

ウドカ新HCが今季のテーマとして掲げているのが、「ディフェンスとチームバスケの強化」だ。昨シーズンのディフェンシブ・レーティングはリーグ13位(111.8)で、直近3シーズンでは最も低い数値だった。2シーズン前には同レーティングでリーグ4位(106.5)に入るなど、セルティックス本来の持ち味は堅守である。これを取り戻すため、インサイドではホーフォード、ペリメーターではマーカス・スマートを軸に、アグレッシブな守備を仕上げていくことが期待される。 また、オフェンスではリーグ25位に沈んだ、平均アシスト数(23.5)の改善に取り組むと新指揮官は明言。昨季はオフェンシブ・レーティングでリーグ10位(113.1)とまずまずの成績を残したが、これはテイタムとブラウンの個人技による恩恵が大きかった。プレイメイカー不足は懸念されるが、ウドカHCがサンアントニオ・スパーズ時代に恩師グレッグ・ポポビッチHCの下で培ったシステマチックなチームバスケを浸透させられれば、より効率的なオフェンスを展開することができるだろう。

行く末を占う1年、結果次第ではスターデュオ解体も

とはいえ、セルティックスがイーストの上位に食い込むには、当然ながらテイタムとブラウンの活躍が不可欠だ。ウドカHCも「彼らにボールが渡る機会が多くなるから、他の選手にシェアして攻撃にリズムを持たせることが重要」と、両スターのプレイメイク力向上に期待を寄せた。 良くも悪くもテイタムとブラウンの活躍次第だが、昨季同様期待外れの結果に終わるようであれば、スターデュオ解体という話も出てくるだろう。フロント、現場ともに新体制で臨む新シーズンは、今後のチームの方向性を占う1年となりそうだ。


移籍情報

【入団・再契約】カッコ内は昨季所属チーム、またはドラフト順位 デニス・シュルーダー(レイカーズ) エネス・カンター(ブレイザーズ) ジョシュ・リチャードソン(マーベリックス) ブルーノ・フェルナンド(ホークス) アル・ホーフォード(サンダー) フアンチョ・ヘルナンゴメス(ウルブズ) ジュアン・ビガラン(2巡目45位) サム・ハウザー(ドラフト外) ルーク・コーネット(再契約) 【退団】カッコ内は今季所属チーム シェミ・オジェレイ(バックス) ケンバ・ウォーカー(サンダー〔解雇〕→ニックス) トリスタン・トンプソン(キングス) エバン・フォーニエ(ニックス) タッコ・フォール(キャバリアーズ) カーセン・エドワーズ(グリズリーズ〔解雇〕) トレモント・ウォーターズ(バックス)


2020-21シーズン成績

レギュラーシーズン:36勝36敗(.500/イースト7位) プレイオフ:1勝4敗(.200/1回戦敗退) ■チームスタッツ 平均得点:112.6(16位) 平均失点:111.2(11位) 得失点差:+1.5(13位) 平均リバウンド:44.3(15位) 平均アシスト:23.5(25位) 平均スティール:7.7(13位) 平均ブロック:5.3(6位) FG成功率:46.6%(19位) 3ポイント成功率:37.4%(10位) FT成功率:77.5%(16位) オフェンシブ・レーティング:113.1(10位) ディフェンシブ・レーティング:111.8(13位) ※カッコ内はリーグ順位

デビットカードで「NBA Rakuten」のお支払いが可能!

チームプレビュー:アトランタ・ホークス

【NBA Style最新作】これからの季節にぴったりのアイテムが続々登場!「AUTUMN COLLECTION」

関連タグ

チーム

  • セルティックス

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【2021-22シーズン】全30チームプレビュー:ボストン・セルティックス