ラジョン・ロンド、グリズリーズとのバイアウト成立時はレイカーズ復帰が濃厚に

今オフにロサンゼルス・クリッパーズからメンフィス・グリズリーズへトレードで移籍したラジョン・ロンドに、ロサンゼルス・レイカーズへの復帰の可能性があるという。『ESPN』のラモーナ・シェルバーン記者が伝えた。 エリック・ブレッドソーらが絡んだトレードでグリズリーズへやってきたロンドだが、チームにはジャ・モラント、タイアス・ジョーンズといった若い司令塔が在籍。彼らに多くの出場時間が割かれると考えられる上、グリズリーズはすでに19人もの選手をロスターに抱えているため、ロンドをバイアウトして、FA(フリーエージェント)にすると見られている。 そのなかで、シェルバーン記者は「バイアウト候補者の中で、ロンドはレイカーズに移籍する最右翼。バイアウトになった場合、すぐにレイカーズに戻るだろう」と予測している。 ロンドは2018-19シーズンから2年間レイカーズでプレイし、主にバックアップのポイントガードとして、レギュラーシーズン94試合で平均8.1得点、6.5アシストを記録。19-20シーズンのポストシーズンでは、平均8.9得点、6.6アシストといぶし銀の活躍で“プレイオフ・ロンド”とも言われ、リーグ優勝に貢献した。 レイカーズはポイントガード候補にラッセル・ウェストブルック、レブロン・ジェームズとビッグネームがいるが、優勝経験を持つベテランのロンドが加われば、王座奪還に向けて大きな補強となりそうだ。

【今週のクラシックゲーム】Vol.4 アイザイア・トーマス(元デトロイト・ピストンズ)

「ウェストブルックが受賞するべきだった」オスカー・ロバートソンが昨季のMVPレースに異論を唱える

キャブズが制限付きFAのラウリ・マルカネンを4年総額6700万ドルのサイン&トレードで獲得合意

関連タグ

チーム

  • レイカーズ
  • グリズリーズ

選手

  • Rajon Rondo

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ラジョン・ロンド、グリズリーズとのバイアウト成立時はレイカーズ復帰が濃厚に