「少なくとも現時点ではない」ブレイザーズのデイミアン・リラードが移籍の噂について言及

今オフその去就に注目が集まっているデイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)が、現時点では移籍はないと自ら噂を否定した。 リラードは日本時間8月25日(現地24日)に、自身のインスタグラムアカウントでライブ配信を実施。視聴者から「PDX(ポートランド国際空港)から出ていくの?」と聞かれると、「PDXを出ることはないよ。少なくとも現時点ではないね」と含みを持たせながらもブレイザーズ残留の意思を示した。 ブレイザーズは昨季8シーズン連続のプレイオフ出場を果たすも、直近5シーズンで4度目となる1回戦敗退を喫した。思うような結果が出ないチーム状況から、優勝を望む大黒柱のリラードがチームを去ることを求めるのではないかと今オフは噂されていた。 そんななか、リラードは以前から自らトレードを志願したことはないと否定。さらに毎日のようにリラードと連絡を取っているという同僚のCJ・マッカラムも、「現時点で彼は(ブレイザーズに)全てを懸けるつもりだ。彼はただ勝ちたいだけなんだよ」とエース残留が濃厚であると語っている。 しかし、将来的なことについては明言しなかったことからも、リラードがチームの戦力に納得していないことは明らかだ。アメリカ代表として金メダルを獲得した東京オリンピック前の合宿でも、ブレイザーズについて「僕らはもっと危機感を持たなければいけない。僕らは悪いチームではないけど、『本当にできることをやったのか?』と自ら問いかける時が来ている」と、フロントへのメッセージとも取れるコメントを残していた。 チャウンシー・ビラップスを新ヘッドコーチに招聘したブレイザーズだが、今オフはカーメロ・アンソニー(ロサンゼルス・レイカーズ)、エネス・カンター(ボストン・セルティックス)、ザック・コリンズ(サンアントニオ・スパーズ)がチームを去った。その一方で、補強はコディ・ゼラー、ベン・マクレモア、トニー・スネルの獲得にとどまるなど、目立った動きは見せていない。 今後の状況次第では、リラードの気持ちが変わる可能性も大いにありそうだ。

【今週のクラシックゲーム】Vol.4 アイザイア・トーマス(元デトロイト・ピストンズ)

バックスがマイク・ブーデンホルザーHCと3年の延長契約で合意か

ニックスのナーレンズ・ノエルが以前の代理人リッチ・ポールを訴える 5800万ドルの逸失利益を請求

関連タグ

チーム

  • トレイルブレイザーズ

選手

  • Damian Lillard

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「少なくとも現時点ではない」ブレイザーズのデイミアン・リラードが移籍の噂について言及