ウルブズがベン・シモンズのトレード画策を継続 鍵を握るのは職人パトリック・ベバリーか

フィラデルフィア・76ers(以下、シクサーズ)は、ベン・シモンズをトレードに出し、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードの獲得を狙っていると囁かれるなど、数多くの噂が飛び交ってきた。そのなかで、ミネソタ・ティンバーウルブズが交渉を続けているという。 シクサーズはリラードを獲得し、ジョエル・エンビードとのデュオを結成しようとしているとも言われる。しかし、市場が解禁されてからも具体的な動きはなく、徐々にトレーニングキャンプ開始の時期が近づいてきている。 タイミングによっては、シクサーズは“プランB”に移行しなければならないが、『The Athletic』のジョン・クロジンスキー記者によれば、ウルブズが候補に挙がる可能性もあるという。 「プレイオフ経験のあるベテランとしてのベバリーのステータスは、ベン・シモンズのトレードオファーを少し簡単にするかもしれない。たしかに主役ではないが、ディフェンス力とオープンでの3ポイントを撃つ能力は、ジャレット・カルバーやフアンチョ・エルナンゴメスのどの組み合わせよりも、フィラデルフィアを大いに助ける」 ウルブズはカール・アンソニー・タウンズ、アンソニー・エドワーズ、ディアンジェロ・ラッセルと中心選手はいるが、トレードの駒は決して多くない。そのなかで、今夏にロサンゼルス・クリッパーズからメンフィス・グリズリーズを経由してトレードで加入した、守備職人のパトリック・ベバリーが鍵を握る存在になるかもしれないようだ。 「ウルブズはシモンズを獲得すべくシクサーズと交渉を続けているが、シクサーズが優勝を狙うために提供できる即戦力の駒が不足している。シクサーズが有用な選手を手に入れるには、間違いなく“3チーム目”を参加させなければいけない。これは複雑なトライだ」 果たして、ウルブズはシクサーズにとって魅力的な提案を提示することができるだろうか。

レイカーズ加入のカーメロ・アンソニーが語る”本音”「パープル&ゴールドのユニフォームを着るとは思っていなかった」

シーズン初戦で八村塁対渡邊雄太の“日本人対決”が実現 NBAが2021-22シーズンの日程発表

「全力で挑めばどのチームも自分たちを倒せない」ジェームズ・ハーデンが来季のネッツに手応え

関連タグ

チーム

  • ティンバーウルブズ
  • 76ers

選手

  • Patrick Beverley
  • Ben Simmons

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウルブズがベン・シモンズのトレード画策を継続 鍵を握るのは職人パトリック・ベバリーか