レイカーズ加入のカーメロ・アンソニーが語る”本音”「パープル&ゴールドのユニフォームを着るとは思っていなかった」

NBA19年目を迎えるカーメロ・アンソニーは今夏、無制限FA(フリーエージェント)でロサンゼルス・レイカーズと1年契約を結んだ。キャリアで初めて、同期のレブロン・ジェームズとチームメイトになったが、晩年に名門レイカーズの一員になるとは思ってもみなかったという。 2003年のドラフト全体3位指名でNBA入りしたアンソニーは、デンバー・ナゲッツのエースとしてルーキーイヤーから自慢の得点力を発揮。15年連続で平均20得点以上をクリアし、2011年2月には生まれ故郷であるニューヨークに拠点を置くニックスへトレードとなった。 2012-13シーズンに得点王(平均28.7得点)、オールスター出場10回、アメリカ代表の一員として五輪金メダル獲得3回など、スーパースターとして君臨してきたが、17-18シーズン以降はオクラホマシティ・サンダー、ヒューストン・ロケッツと渡り歩き、19年にはシカゴ・ブルズにトレードされたのち、解雇されて約9カ月間も無所属となる憂き目に遭った。 しかし、19年11月にポートランド・トレイルブレイザーズと契約すると、デイミアン・リラード、CJ・マッカラムに次ぐ“第3の男”として復活。所属2年目の20-21シーズンはスーパーサブとして、平均13.4得点、キャリアハイの3ポイント成功率40.9%を記録した。 今オフに無制限FAとなり、盟友ジェームズからのラブコールもあって、レイカーズ入りを決断。しかし、これまでレイカーズの一員になるとは思っていなかったと、アンソニーは『Spectrum SportsNet』のインタビューで明かしている。 「一度も、一度も(考えたことは)なかったよ。それについて、頭の中で処理しようとしている。リーグの歴史において、(レイカーズの)パープルとゴールドを身に纏うことの意味は分かっている。それに倣って戦うだけさ。レイカーの一員であることの本質は理解している。ただ、パープル&ゴールドのユニフォームを着るとは思ってもいなかった。特に、キャリアのこの段階でね。しかし、すべてのことは理由があって起こるもの。俺はそれを信じるだけさ」 自身初のリーグ優勝に向けて、アンソニーはジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックらとともに全身全霊を注ぐ。

ウルブズがベン・シモンズのトレード画策を継続 鍵を握るのは職人パトリック・ベバリーか

シーズン初戦で八村塁対渡邊雄太の“日本人対決”が実現 NBAが2021-22シーズンの日程発表

「全力で挑めばどのチームも自分たちを倒せない」ジェームズ・ハーデンが来季のネッツに手応え

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • カーメロ アンソニー

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. レイカーズ加入のカーメロ・アンソニーが語る”本音”「パープル&ゴールドのユニフォームを着るとは思っていなかった」