「長い道のりだった」 記録尽くしで初優勝のヤニス・アデトクンボが「スーパーチーム」に行かなかったワケ

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは、日本時間7月21日(現地20日)に行われたフェニックス・サンズとのNBAファイナル第6戦で50得点、14リバウンド、5ブロックを記録し、シリーズ4勝2敗でチームに1970-71シーズン以来のリーグタイトルをもたらした。 ヤニス・アデトクンボはファイナル6試合で211点を叩き出し、ファイナル史上初めて平均30得点、10リバウンド、5アシスト、フィールドゴール成功率60%以上(平均35.2得点、13.2リバウンド、5.0アシスト、フィールドゴール成功率61.8%)をマーク。自身初となる優勝とともに、ファイナルMVPも手にし、マイケル・ジョーダン、アキーム・オラジュワンに続き史上3人目となる、シーズンMVP、ファイナルMVP、最優秀守備選手賞を手にした選手となった。 昨年12月に5年総額2億2800万ドル(約251億円)のスーパーマックス額で契約延長したが、『ESPN』のティム・ボンテンプス記者によれば、ヤニス・アデトクンボは「終わらせなければいけない仕事があった」とバックス残留の理由を語ったという。 「ここは僕の街だ。彼ら(ファン)は僕を、そしてチームを信頼して、信じてくれた。僕は仕事を成し遂げたかった。でも、僕の強情な一面がある。どこか別のチームに行って、だれかと一緒にチャンピオンシップを獲得するのは簡単だ。スーパーチームに行って、自分の役割を果たしてチャンピオンになることができただろう。でも、それを実行に移すのは難しい。長い道のりだったが、僕たちはそれを自分のチームでやり遂げたんだ」 バックス“第2の男”であるクリス・ミドルトンは、ファイナル第6戦で圧巻のパフォーマンスを見せたエースを、「後半はすべてヤニスだった。彼が支配した」と手放しで称賛した。 2019、20年と史上12人目となる2年連続シーズンMVPに輝き、リーグを代表するスーパースターに上り詰めたヤニス・アデトクンボにとって、これまで唯一足りないものがNBAタイトルだった。まだ26歳。初優勝をきっかけに、今後どのような進化を遂げていくのか、興味深いところだ。

【7/24(土)から】「NBA Rakuten」で八村塁&渡邊雄太の2020-21シーズンベストゲームを配信

NBAファイナル敗退のクリス・ポール、“17年目の逆襲”に意欲「傷ついたが、引退はしない」

「地元の富山県のおいしいグルメで商品を作って、日本中に広めてもらいたいです!」八村塁をフィーチャーしたカップヌードル、開発の裏側とは【担当者インタビュー】

関連タグ

チーム

  • バックス

選手

  • Giannis Antetokounmpo

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「長い道のりだった」 記録尽くしで初優勝のヤニス・アデトクンボが「スーパーチーム」に行かなかったワケ