ルカ・ドンチッチとマーベリックス幹部との間に確執の噂 キューバン・オーナーは「でたらめ」と否定

ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチは、今年のオフシーズンにチームとスーパーマックスでの延長契約を結ぶことが予想されている。しかし、チームのフロントオフィスメンバーとの確執が一部で報道された。 『The Athletic』のティム・ケイト記者とサム・アミック記者は、元スポーツプロギャンブラーで現在マーベリックスで定量的研究開発ディレクターという肩書を持つハララボス・ブルガリスが、チーム構成に関して大きな決定権を持っていると報じた。 「複数の情報筋から、ブルガリスがマーベリックスのフロントに入閣して以降、彼がチーム内で最も影響力のある人物になっているとの伝えられた。過去2シーズンにおける移籍は、彼が計画、また承認したものだという。また、情報によれば、リック・カーライルHC(ヘッドコーチ)のために、先発ラインナップやローテーションも構成していたという」 フロント内で力を増していると報道されたブルガリスだが、問題はチームを牽引するエースとの関係性だ。両記者はドンチッチが、試合が終わる前に帰ったり、自身に「落ち着け」と指示を出すブルガリスを嫌っていると伝えている。 「ドンチッチとブルガリスを含めたフランチャイズのキーメンバーとの間で良い関係性を築けていないことは、ドンチッチがチームに長期在籍することに影響するかもしれない」 なお、ブルガリスのことを強く信頼していると言われるマーク・キューバン・オーナーは、この噂に対し、ツイッターで「でたらめ」とコメント。「意見記事が公開される直前まで記者は私に連絡を取ってこなかった。また、彼に事実を伝えたあと彼とは連絡していない」と、報道を根も葉もない噂だとした。 マーベリックスが、NBAの未来を担う逸材であるドンチッチを軸に、優勝できるチーム作りを進めたいことは間違いないだろう。また、ドンチッチも、これまでに契約延長を匂わせる発言しているだけに、今回の報道はあくまでも噂で終息しそうだ。

NBA選手とオンラインで触れ合える! 「NBAチャンピオン・バーチャル・ミート&グリート」を実施

ブレイザーズが新指揮官候補のマイク・ダントーニと面談へ

負けられない一戦で退場したナゲッツのニコラ・ヨキッチ、「リズムを変えたかった」と問題のハードファウルを釈明

■頂点に立つのはどのチームか。「NBA Rakuten」でプレイオフを見届けよう!

関連タグ

チーム

  • マーベリックス

選手

  • Luka Doncic

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ルカ・ドンチッチとマーベリックス幹部との間に確執の噂 キューバン・オーナーは「でたらめ」と否定