ネッツのジェームズ・ハーデンが約1か月ぶりに復帰 ベンチから18得点、11アシストを記録

日本時間5月13日(現地12日)、ブルックリン・ネッツのジェームズ・ハーデンが、本拠地バークレイズ・センターで行われたサンアントニオ・スパーズ戦で約1か月ぶりの復帰を果たした。ベンチから25分出場して18得点、7リバウンド、11アシスト、2スティール、2ブロックと活躍し、128-116で勝利したチームに貢献している。 4月6日(同5日)のニューヨーク・ニックス戦でハムストリングを負傷し、その後の18試合を欠場したハーデン。この日は、オクラホマシティ・サンダー在籍時の2012年4月以来となるベンチスタートとなり、出場時間にも制限が設けられた。 それでも迎えるプレイオフを前に、実戦感覚を取り戻すことが重要だったようだ。ハーデンが試合後に語ったコメントを、『ESPN』のマリカ・アンドリューズ記者が伝えている。 「プレシーズンに比べ、レギュラーシーズンはレベルが高い。そしてポストシーズンはそのさらに上だ。ラウンドを勝ち進むごとにレベルは高くなっていく。だからコート上で自分の存在感を発揮すると同時に、コンディションを上げていきたいと思っていた」 ハーデンが復帰した代わりに、ネッツは12日(同11日)のシカゴ・ブルズ戦でニコラ・ブーチェビッチの肘が顔に当たり途中退場したカイリー・アービングが、この試合を欠場。しかし、スティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)によれば、脳震とうの心配は無く、状態が良ければアービングもレギュラーシーズン残り2試合に出場することを示唆している。 ブルズと再戦する16日(同15日)の試合では、久々にケビン・デュラント、ハーデン、アービングの“ビッグ3”をコートで見られるかもしれない。

ラプターズの渡邊雄太を米著名記者が“今季飛躍したロールプレイヤー”に選出

「狩るのが大好きなんだ」挑戦者の立場を楽しむウォリアーズのドレイモンド・グリーン

レイカーズのレブロン・ジェームズが日本時間13日のロケッツ戦を欠場 復帰は15日のペイサーズ戦か

■2020-21シーズンはいよいよ最終盤。「NBA Rakuten」で激戦を見届けよう!

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • James Harden

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ネッツのジェームズ・ハーデンが約1か月ぶりに復帰 ベンチから18得点、11アシストを記録