達成率は驚異の19.3% 数字で振り返るラッセル・ウェストブルックのトリプルダブル

ワシントン・ウィザーズのラッセル・ウェストブルックが、日本時間5月11日(現地10日)のアトランタ・ホークス戦で28点、13リバウンド、21アシストを記録して、歴代トップとなる通算182度目のトリプルダブルを達成した。この歴史的な偉業について、『WashingtonWizards.com』のジャクソン・フィリオ記者が数字で振り返っている。

ほとんどが過去5シーズン内に記録したもの

ウェストブルックにとってキャリア初のトリプルダブルは、2009年3月3日(同2日)のダラス・マーベリックス戦だった。その試合でウェストブルックは17点、10リバウンド、10アシストを記録。ここから、足掛け13年にわたるトップへの道を駆け上がることになるのだが、当時は現在のようにハイペースでトリプルダブルを量産することはなかった。182回のうち実に145回が2016-17シーズン以降に記録されたものである。

50点以上のトリプルダブルは3回

ウェストブルックは直近25試合で21回のトリプルダブルを記録しており、これは25試合の間で達成された回数としては史上最多である。今季は5試合連続以上を2度達成しており、そのうち4月に記録したものは6試合連続だった。 また、これまでウェストブルックは、20アシスト以上でのトリプルダブルを6回記録しており(今季は3回)、これも歴代最多である。また、20リバウンド以上での達成は通算3回で、そのうち2回は直近3週間で記録したものである。ちなみに20点以上での達成は122回、30点以上での達成は47回、40点以上ので達成は13回、そして50点以上での達成は3回である。

リーグの全トリプルダブルのうち6.4%を占める

『Elias Sports Bureau』によると、これまでNBAで記録されたトリプルダブルは2830回で、そのうちウェストブルック(182回)が占める割合は6.4%にも及ぶという。さらに、2000-01シーズン以降に限定すると、リーグ全体で記録された1193回のうちウェストブルックの割合は15.3%。そしてウェストブルックがNBA入りした2008-09シーズン以降に限定すると、リーグ全体で記録された904回のうち20.1%がウェストブルックのトリプルダブルであった。 なお、ウェストブルックは今季ウィザーズで36度のトリプルダブルを達成しているが、これまでチームの歴代最多記録はダレル・ウォーカーの15回だった。ウェストブルックはウィザーズ加入38試合目でウォーカーの記録を更新。今では、ウィザーズ全体のトリプルダブル(104回)の約35%がウェストブルックの記録である。

トリプルダブルの達成率は19.3%

ウェストブルックの通算出場試合数は940であり、トリプルダブルの回数で達成率を算出すると19.3%になる。これは181回のオスカー・ロバートソン(元シンシナティ・ロイヤルズほか)の17.4%、138回のマジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)の15.2%を上回る。 現役では、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)が7.6%、ジェームズ・ハーデン(ブルックリン・ネッツ)が6.6%、ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)が12.5%、ルカ・ドンチッチ(マーベリックス)が17.9%である。

最もトリプルダブルを達成した相手はペイサーズ

ウェストブルックは全30チームに対して2度以上のトリプルダブルを達成している。そのうち23チームには5回以上、10チームには8回以上を記録。最もトリプルダブルを達成した相手は、ウェストブルックが今季平均27.3点、18.0リバウンド、20.0アシストを記録しているインディアナ・ペイサーズで、通算10回を数える。

勝率は7割超え

ウェストブルックがトリプルダブルを達成した試合で、チームは136勝46敗(.747)を記録。今季も21勝15敗(.583)と勝ち越している。

ウィザーズのラッセル・ウェストブルックが史上最多となる182度目のトリプルダブルを達成 通算アシスト数も8000を突破

ウィザーズのブラッドリー・ビール、ウォリアーズのケント・ベイズモアの冗談コメントに激怒「受け入れられない」

来季の去就が注目されるラプターズのカイル・ラウリー、ニックスが強い関心と報道

■2020-21シーズンはいよいよ最終盤。「NBA Rakuten」で激戦を見届けよう!

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • Russell Westbrook

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 達成率は驚異の19.3% 数字で振り返るラッセル・ウェストブルックのトリプルダブル