存在感高めるウルブズの新人アンソニー・エドワーズ、コート外ではスペイン語の勉強に意欲

ミネソタ・ティンバーウルブズのルーキー、アンソニー・エドワーズが絶好調だ。 日本時間5月6日(現地5日)に行われたメンフィス・グリズリーズ戦で、自己最多タイとなる42得点、6リバウンド、7アシストをマーク。現在19歳のエドワーズが40得点超えを達成したのは今季2度目で、ティーンエイジャーがシーズン中に複数回の40得点超えを果たすのはレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)に次いでNBA史上2人目の快挙だ。また、オールスター以降は30試合で平均23.7得点、5.4リバウンド、3.2アシストと、オールスター選手並みの成績を残している。 コート上で存在感を高めるエドワーズだが、試合後のメディア取材ではバスケットボールとは全く関係の自身の目標について語った。記者から「ヨーロッパのファンも増えているよ。特に(同僚の)リッキー・ルビオとフアンチョ・エルナンゴメスのスペインでね」と伝えられると、満面の笑みで「ヨーロッパだって? 2人は最高の相棒だからね」と回答。スペイン語習得のために、いつかスペインに行きたいと楽しげに語った。 「リッキーとフアンチョの母国であるスペインには本当に行ってみたいんだ。流暢なスペイン語を話したいんだ。チャンスがあれが、間違いなく彼らについて行くよ。色んな人に会って喋りたいし、スペイン語を学びたい。ファンのことは愛しているよ。自分があまり詳しくない国にファンがいるなんて最高だよ」 類い稀な身体能力で、野獣のような豪快プレイを披露するエドワーズだが、オフコートでの飾りっ気のないその姿でも多くの人を惹きつけている。

欠場中のレブロン・ジェームズが週明けから戦列復帰か

ペイサーズがゴガ・ビタゼとグレッグ・フォスターACを処分 試合中に口論

ネッツのジェームズ・ハーデンがレギュラーシーズン中の復帰を示唆「自信はある」

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ティンバーウルブズ

選手

  • Anthony Edwards

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 存在感高めるウルブズの新人アンソニー・エドワーズ、コート外ではスペイン語の勉強に意欲