【4/27(火)午前8時30分 キャバリアーズ対ラプターズ】プレイイン出場権を狙うラプターズは渡邊雄太らセカンドユニットの奮起に期待

日本時間4月27日(現地26日)、アマリー・アリーナでイースト13位のクリーブランド・キャバリアーズ(21勝39敗)と、同12位のトロント・ラプターズ(25勝35敗)が対戦する。プレイイン・トーナメント出場を目指すラプターズにとって必勝となる一戦では、渡邊雄太を含めたセカンドユニットの奮起に期待が懸かる。 ラプターズは4月25日(同24日)のニューヨーク・ニックス戦で敗北し、連勝が4でストップしてしまった。その試合で鍵となったのがベンチ陣の活躍だ。19得点を挙げたデリック・ローズを筆頭に控えだけで43得点をマークしたニックスに対し、ラプターズはギャリー・トレントJr.、フレディー・ギレスピー、渡邊、マラカイ・フリンの4人で計11得点。大差をつけられて試合の流れを引き寄せることができなかった。ラプターズはスターターがFG成功率45.7%(32/70)だった一方で、セカンドユニットは30.8%(4/13)とシュートが振るわず。14分のプレイで3得点(FG 1/3)、1アシストに終わった渡邊をはじめ、見せ場を作れなかった。 ラプターズは、本来シックスマンを務めるクリス・ブーシェイの不在が響いている。ブーシェイは22日(同21日)のブルックリン・ネッツ戦で左膝の内側側副靭帯を捻挫し、少なくとも28日(同27日)に予定されるネッツとのリマッチまで欠場する見込みだ。ブーシェイは今季59試合(13先発)で、平均13.6得点、6.7リバウンド、1.9ブロック(リーグ5位)、FG成功率51.9%、3ポイント成功率38.9%を記録するなど、攻守で存在感を発揮。キャバリアーズ戦では、このストレッチビッグマンの穴を埋める活躍が他のリザーブ選手には求められる。 渡邊としては今季2桁得点をマークした試合で、チームが5勝1敗と好成績を残しているだけに、特にオフェンス面での活躍がポイントとなる。パスカル・シアカム、OG・アヌノビーら先発陣が復帰したため、直近2試合は平均14.1分とプレイタイムが減少しているが、少ないチャンスでも積極的な姿勢を示したい。 プレイイン・トーナメント出場ラインのイースト10位につけるワシントン・ウィザーズを、2ゲーム差で追いかけるラプターズ。シーズン後半戦で7勝17敗と苦戦するキャバリアーズから是が非でも勝利が欲しいところだが、前回不振だったセカンドユニットの活躍は見られるか。

苦戦するレイカーズ、アンソニー・デイビスはケミストリーの再構築が必須と言及「ゼロからのスタート」

4戦連続欠場中の八村塁、最短で明日27日のスパーズ戦で復帰か

ネッツのケビン・デュラントがサンズ戦でベンチスタート「自分にとってチャレンジになると思った」

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ
  • ラプターズ

選手

  • Yuta Watanabe

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【4/27(火)午前8時30分 キャバリアーズ対ラプターズ】プレイイン出場権を狙うラプターズは渡邊雄太らセカンドユニットの奮起に期待