トップ指名候補のゴンザガ大ジェイレン・サッグスがNBAドラフトへのエントリーを表明

日本時間4月20日(現地19日)、八村塁(ワシントン・ウィザーズ)の母校であるゴンザガ大の1年生、ジェイレン・サッグスが今年のNBAドラフトへのエントリーを表明した。 193cmでポイントガードを務める19歳のサッグスは、今季平均14.4得点、5.3リバウンド、4.5アシスト、1.9スティールを記録し、オールアメリカン2ndチームに選出。司令塔としてゴンザガ大を牽引し、全米大学選手権での準優勝に貢献した。オーバータイムにもつれる接戦となったUCLAとの準決勝では、勝負を決するブザービーター3ポイントを沈めて注目を浴びた。 サッグスは『ESPN』とのインタビューで「とても興奮している。自分の人生で次の段階に進むのが待ちきれない」とドラフトエントリーを決めた心境を語っている。 オクラホマ州立大のケイド・カニングハム、南カリフォルニア大(USC)のエバン・モーブリーと並ぶトッププロスペクトと評され、ドラフトでは上位3位以内に指名されることが有力視されている。

ラプターズが渡邊雄太とのNBA契約を発表「更に上を目指してもっともっと頑張ります!」

ラプターズの渡邊雄太がサンダー戦で10点 3試合連続2桁得点を達成

ペイサーズのマイルズ・ターナーが右足親指を負傷 復帰時期は未定

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAドラフト
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. トップ指名候補のゴンザガ大ジェイレン・サッグスがNBAドラフトへのエントリーを表明