デリック・ローズの自伝『I'LL SHOW YOU』の日本語版がリリース

ニューヨーク・ニックスが好調だ。昨季まで6シーズン連続で勝率4割を下回る体たらくだったが、今季はタフなディフェンスを武器にイースト6位(4月19日現在)につけている。2013年を最後に遠ざかっているプレイオフ出場も、決して夢ではない。 そんなチームを支える1人がデリック・ローズだ。2月にトレードでデトロイト・ピストンズからニックスへ入団すると、積極的なプレイで若いチームを鼓舞。セカンドユニットに欠かせない存在となっている。ニックスファンはもちろん、ローズの波乱に満ちたキャリアを知るファン――史上最年少でMVPに輝いた絶頂期、度重なる怪我に泣かされた日々――は、今季の活躍に特別な思いを抱いているのではないか。 4月20日、ローズの自伝『I'LL SHOW YOU』の日本語版が発売された。この本では、ローズの生い立ちからミネソタ・ティンバーウルブズ在籍時の50点ゲームまでを綴った2019年発売のハードカバー版に加えて、2020年発売のペーパーバック版に追記されたエピローグまでが網羅されている。 史上最年少でのシーズンMVP受賞と全盛期を過ごしたシカゴ・ブルズ在籍時代はもちろん、前十字靭帯断裂など度重なる怪我、ニューヨークやクリーブランドでの突然の失踪、さらには暴行罪で訴えられた裁判の話などについても赤裸々に語られている。また、シカゴの貧しい地域で育ったローズらしく、本書では人種差別問題について多くのページが割かれている。 本書を通して、まるでドラマのようなローズの人生を追体験できるはずだ。 著者:デリック・ローズ、サム・スミス 翻訳:大西玲央

■購入ページはこちら

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

選手

  • Derrick Rose

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. デリック・ローズの自伝『I'LL SHOW YOU』の日本語版がリリース