ホーネッツのテリー・ロジアーとキングスのディアロン・フォックスが第14週の週間MVPを受賞

日本時間3月30日(現地29日)、NBAは23日(同22日)~29日(同28日)の週間最優秀選手賞(週間MVP)に、シャーロット・ホーネッツのテリー・ロジアーとサクラメント・キングスのディアロン・フォックスを選出したと発表した。 キャリア初、ホーネッツの選手としては2019年4月のケンバ・ウォーカー(現ボストン・セルティックス)以来、通算12人目の受賞となったロジアーは、期間中に行なわれた4試合で平均24.3点を記録。チームを3勝1敗に導いた。この間、4試合すべてで20点以上を挙げたのはイーストでほかに2人しかいなかった。そのほか、27日(同26日)のマイアミ・ヒート戦ではキャリアハイの11アシスト、29日(同28日)のフェニックス・サンズ戦ではシーズンハイの10リバウンドを記録している。23日(同22日)のサンアントニオ・スパーズ戦では、ホーネッツでの3ポイント成功数が300本に到達。102試合目での達成は球団史上最速だった。 今季2度目の受賞となるフォックスは、期間中に平均36.8点、3.5リバウンド、5.5アシスト、2.0スティールを記録。1週間の合計得点(147)はリーグトップだった。なかでも活躍が際立っていたのが26日(同25日)のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で、フィールドゴール16/22、3ポイント3/7、フリースロー9/10でキャリアハイの44点というパフォーマンスを披露。全4試合で30点以上を挙げ、チームを4連勝に導いた。なお、キングスで1シーズンに複数回受賞したのは、2015-16シーズンのデマーカス・カズンズ(現フリーエージェント)以来である。

ウィザーズの八村塁がペイサーズ戦で26点 ラッセル・ウェストブルックは史上初のトリプルダブルを達成

【無料配信】“選ばれし者”ラプターズ渡邊雄太の挑戦

ラプターズの渡邊雄太がピストンズ戦で4点、4リバウンド、2スティールを記録 3試合ぶりの出場

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ホーネッツ
  • キングス

選手

  • Terry Rozier
  • De'Aaron Fox

キーワード

  • ニュース全般
  • 週間MVP
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ホーネッツのテリー・ロジアーとキングスのディアロン・フォックスが第14週の週間MVPを受賞