移籍が噂されるラプターズのカイル・ラウリー 76ers、ヒートが獲得に強い関心と報道

日本時間3月26日(現地25日)のトレード期限が迫り、様々な移籍の噂が取り沙汰されている。その中でもとりわけ注目されているのが、トロント・ラプターズの司令塔、カイル・ラウリーの動向だ。 『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によれば、ラウリーの獲得にはフィラデルフィア・76ersとマイアミ・ヒートが特に強い関心を示しているという。 「ラプターズはカイル・ラウリーとノーマン・パウエルのトレードに関して、複数のチームと交渉しており、話し合いは期限当日までもつれる可能性もある。76ersとヒートがラウリーに興味を示しているが、両チームともに交換条件については自制しているという」 今季は平均17.6得点、5.6リバウンド、7.4アシストを記録している35歳のラウリー。今季終了後にフリーエージェントになるが、『Philadelphia Inquirer』のキース・ポンペイ記者によれば移籍が成立した場合は、そのチームと2年5000万ドル程度の契約延長を求めているという。 報道ではラプターズはラウリーの交換要員として、76ersにはタイリース・マクシーとマティース・サイブル、ヒートにはタイラー・ヒーローをトレードに含めることを要求している言われている。期待の若手を譲渡するかどうかがトレード成立の鍵となりそうだが、両チームはどのような判断を下すのだろうか。

ウィザーズの八村塁がニックス戦でチーム最長の34分プレイ 11点、7リバウンドを記録

フロントコートの強化図るブレイザーズ ジャベール・マギーの獲得を画策?

ウォリアーズのステフィン・カリーが尾てい骨の炎症で今後最低3試合を欠場

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ヒート
  • 76ers
  • ラプターズ

選手

  • Kyle Lowry

キーワード

  • 移籍・トレード
  • トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 移籍が噂されるラプターズのカイル・ラウリー 76ers、ヒートが獲得に強い関心と報道