【3/12(金)午前9時30分 ホークス対ラプターズ】主力が数名不在のラプターズ 渡邊雄太はチャンスを掴めるか

日本時間3月12日(現地11日)午前9時30分、フロリダ州タンパのアマリー・アリーナでトロント・ラプターズとアトランタ・ホークスが対戦する。イーストのプレイオフ争いが激化しているだけに、両者ともに勝ってシーズン後半戦に弾みをつけたいところだ。 ラプターズとホークスが対戦するのは今季2度目。121-132で前回敗れているラプターズはリベンジを狙うが、チーム状況は芳しくない。普段先発を務めるパスカル・シアカム、フレッド・バンブリート、OG・アヌノビーに、パトリック・マコーとマラカイ・フリンを加えた計5人が、健康・安全プロトコルにより欠場することが決まっている。 ホークス戦ではチームの総力が試されるが、同じプロトコルを理由に主力3人が欠場したオールスター休暇前の2試合では連敗を喫した。ノーマン・パウエルは2月以降、平均23.1得点、フィールドゴール成功率53.8%、3ポイント成功率46.7%と絶好調で、トレードの噂が挙がる司令塔のカイル・ラウリーも安定したパフォーマンスを披露しているが、サポーティングキャストのステップアップは必須だろう。 波はあるものの爆発力のあるクリス・ブーシェイやテレンス・デイビスに対する期待が高まるなか、最近出場時間が減っている渡邊雄太にも出場機会が回ってくるかにも注目したい。渡邊としては持ち前の堅守はすでに評価されているだけに、積極的な姿勢でオフェンスでも存在感を示せれば今後プレイングタイムが増えるきっかけとなるかもしれない。 ホークスもディアンドレ・ハンター(ひざ)、キャメロン・レディッシュ(アキレス腱)、クリス・ダン(足首/ひざ)と戦力を欠くが、2日(同1日)にロイド・ピアースHC(ヘッドコーチ)が解任されて以降、2連勝と調子は上向いている。シーズン平均26.4得点、9.4アシストを記録するエース、トレイ・ヤングの活躍は欠かせないが、勝利のキーマンはクリント・カペラか。リーグトップの平均リバウンド数(14.2)を誇るビッグマンは、インサイドで弱さを見せるラプターズにとって厄介な相手になることは間違いないだろう。23得点、16リバウンド、4ブロックと猛威を振るった前回対戦時のプレイを再現できれば、ホークスが試合のペースを握る可能性は高い。 両チームの総合力が問われる一戦。熾烈なプレイオフ出場権争いを生き残るべく、勝って勢いづくのはどちらか。

ラプターズ対ホークス戦(前回対戦)のハイライトを観る

NBA 2020-21シーズンの後半戦に向けて知っておくべき10のこと

ウィザーズの八村塁がグリズリーズ戦に先発 5試合ぶりの2桁得点をマーク

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ラプターズ
  • ホークス

選手

  • Yuta Watanabe

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【3/12(金)午前9時30分 ホークス対ラプターズ】主力が数名不在のラプターズ 渡邊雄太はチャンスを掴めるか