ヒートが差別発言をしたマイヤーズ・レナードに関して声明を発表

日本時間3月10日(現地9日)、マイアミ・ヒートはゲーム実況動画を配信中に差別用語を発したマイヤーズ・レナードに関して、以下の声明を発表した。 「マイアミ・ヒートはあらゆるヘイトスピーチを厳しく非難します。マイヤーズ・レナードが使った言葉は不適切で、私たちは我々のフランチャイズに関係する誰にも、憎むべき言葉を容認しません。マイアミ・ヒートの選手からそうした言葉を聞くことは、ここで働くすべての人々だけでなく、南フロリダ全域、マイアミ・ヒート、NBAのコミュニティにとって残念で苦痛を与えるものです。 マイヤーズ・レナードは無期限でチームから離れます。また、マイアミ・ヒートはNBAの調査に協力します」 レナードは『コール・オブ・デューティ』のプレイ動画をtwitchで配信中に、ユダヤ人を差別する言葉を発していた。後にレナードは、自身のインスタグラムで謝罪のメッセージを投稿。それから間もなく、ヒートが声明を発表した。 レナードは2月に左肩の手術を受けており、今季残り試合を欠場する見込みである。

最新のパワーランキングでネッツがトップに浮上 レイカーズはトップ5漏れ

2020-21シーズンのベストディフェンダーランキングでベン・シモンズが1位に

2020-21シーズン開幕以降に日本で最もジャージーが売れたのは渡邊雄太 NBAが発表

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ヒート

選手

  • Meyers Leonard

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ヒートが差別発言をしたマイヤーズ・レナードに関して声明を発表