トレード・デッドライン:イマン・シャンパートがロケッツへ!!

ヒューストン・ロケッツ、サクラメント・キングス、クリーブランド・キャバリアーズの3チーム間でトレードが成立した。 このトレードにより、ロケッツはキングスからベテランのイマン・シャンパートを獲得し、キングスはキャバリアーズからガードのアレック・バークスを獲得し、キャバリアーズはロケッツからブランドン・ナイトとマーキス・クリスと2019年のドラフト1巡目指名権と2022年のドラフト2巡目指名権を受け取った。 加えて、キャバリアーズはガードのニック・スタウスカスとウェイド・ボールドウィン4世と2021年のドラフト2巡目指名権(ミルウォーキー・バックス経由)をロケッツに放出し、ロケッツは2020年のドラフト2巡目指名権をキングスに譲渡している。 ロケッツはスタウスカスとボールドウィン4世を即刻インディアナ・ペイサーズにトレードし、その見返りとしてドラフト2巡目指名権を獲得している。スタウスカスとボールドウィン4世はペイサーズから解雇される見込みだ。彼らは共に、現地2月4日から数えて4つのチームを渡り歩いた後に解雇されることになる。(ポートランド・トレイルブレイザーズ、キャバリアーズ、ロケッツ、ペイサーズ) バークスは、キャバリアーズで1試合平均11.6得点、5.5リバウンド、3ポイントシュート成功率37.8%を記録していた。 ディフェンス巧者として知られるシャンパートは、今シーズンはキャリアハイに近い36.6%という高確率で3ポイントシュートを決めている。 スタウスカスは、今シーズンはブレイザーズで1試合平均15.3分間プレーして平均6.1得点を記録している。

関連タグ

チーム

  • ロケッツ

選手

  • Iman Shumpert

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. トレード・デッドライン:イマン・シャンパートがロケッツへ!!