ネッツのスティーブ・ナッシュHC、レイカーズ撃破のスモールラインナップに手ごたえ「守備的にも用途が広い」

ブルックリン・ネッツは日本時間2月19日(現地18日)、リーグ2位の勝率を誇るロザンゼルス・レイカーズを109-98で下し、5連勝を飾った。この試合ではセンター不在のスモールラインナップでスタートしたが、スティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)は「守備的にもかなり用途が広い」と手ごたえを覗かせている。 今季のネッツはケビン・デュラント、カイリー・アービング、ジェームズ・ハーデンの“新ビッグ3”が注目を集めているが、デュラントが新型コロナウイルスのヘルス&セーフティプロトコルや左ハムストリングの負傷などにより、揃い踏みの機会は限られている。 デュラントが欠場した敵地でのレイカーズ戦、ナッシュHCはセンターのディアンドレ・ジョーダン(211cm)をベンチスタートにし、アービング(188cm)、ハーデン(196cm)、ブルース・ブラウン(193cm)、ジョー・ハリス(198cm)、ジェフ・グリーン(203cm)の5人をスタメンで送り出した。 レイカーズがインサイドの要であるアンソニー・デイビス(208cm)を欠いていることもあり、今回のアウェー連戦では初となる100失点以下、最大25点差をつけて快勝。『Nets.com』のトム・ダウド記者は、試合後にナッシュHCがスモールラインナップについて語ったコメントを紹介している。 「スモールラインナップが、我々のクロージング・ラインナップ(試合終了の時にコートにいる5人)だ。コート上にたくさんのスペースができるし、守備的にもかなり用途が広い。このラインナップに自信と理解を深めているが、コンビネーションを磨いて改善し続ける必要がある。ただ、我々はスモールラインナップに自信を持っている」 ビッグ3を中心にリーグトップの平均121.3得点を誇る一方で、平均失点(117.3)はワースト3位とディフェンスが課題のネッツ。ナッシュHCも「少しずつディフェンスは良くなり始めている。ただ、我々が最高レベルに到達したいのなら、議論の余地はない。やろうとしていること、そして自分たちの原則を理解しないといけない」と語っており、スモールラインナップが“切り札”の一つになるかもしれない。

“ご意見番”チャールズ・バークレー、オールスター先発漏れのドノバン・ミッチェルを擁護「報われるべき」

右アキレス腱負傷のアンソニー・デイビス、ボーゲルHCが最低4週間の欠場を明言

NBAが「NBAオールスター2021」の開催を発表 伝統的黒人大学や新型コロナウイルスの支援に250万ドル以上のサポートも

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Kyrie Irving
  • Kevin Durant
  • James Harden
  • Joe Harris
  • Jeff Green
  • Bruce Brown

キーワード

  • ニュース全般
  • スティーブ・ナッシュ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ネッツのスティーブ・ナッシュHC、レイカーズ撃破のスモールラインナップに手ごたえ「守備的にも用途が広い」