ホークスのトレイ・ヤングが2万ドルの罰金処分に

日本時間2月12日(現地11日)、NBAのバスケットボール部門エグゼクティブ・バイスプレジデントを務めるキキ・バンダウェイは、アトランタ・ホークスのトレイ・ヤングが審判に不適切な発言をしたとして2万ドルの罰金処分を科したと発表した。 罰金対象の出来事が起きたのは、11日(同10日)にアメリカン・エアラインズ・センターで行なわれたダラス・マーベリックス戦。試合残り4.7秒、117-118と1点ビハインドの場面からホークスのスローインで再開という場面で、スクリーンを掛けにいったヤングがマーベリックスのウィリー・コーリー・スタインと接触し倒れこんだものの、ファウルはコールされず。試合はそのまま続行され、ホークスのシュートは外れて試合終了となったが、その直後にヤングがレフェリーに異議を唱えていた。 リーグはコーリー・スタインはヤングのスクリーンに対して通常のステップを踏んだとし、接触も偶発的なものだったとの見解を示している。

【動画】ホークス対マーベリックスのハイライトを観る

出世株筆頭はマブズの神童ルカ・ドンチッチ! “ルーキー契約下”のヤングスター10選

新人ランキング、ラメロ・ボールが連続1位「ホーネッツが必見チームと呼ばれる最大の理由」

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ホークス

選手

  • Trae Young

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ホークスのトレイ・ヤングが2万ドルの罰金処分に