日本時間1月23日のウィザーズ対バックス戦が延期

日本時間1月21日(現地20日)、NBAは23日(同22日)にファイサーブ・フォーラムで予定されていたワシントン・ウィザーズ対ミルウォーキー・バックスの一戦を、リーグが定めた健康・安全プロトコルに従い延期すると発表した。 発表によれば、ウィザーズにおける欠場人数、その他選手の接触者追跡調査、そしてチームが練習を十分に行えなかったことが延期の要因になったという。ウィザーズはこれで6試合連続での延期となる。 21日にウィザーズは、バックス戦に向けたインジャリーリストをアップデート。左ひざ前十字靭帯部分断裂でシーズン全休予定のトーマス・ブライアントと左大腿四頭筋を負傷しているラッセル・ウェストブルックに加え、八村塁、デニ・アブディヤ、ダービス・ベルターンス、トロイ・ブラウンJr.、イシュ・スミス、モリッツ・バグナーがプロトコルにより欠場すると発表していた。 ※なお、ウィザーズ対バックス戦はBASIC PASSの対象試合につき、代わりに1月23日(土)のブルックリン・ネッツ対クリーブランド・キャバリアーズ戦をBASIC PASS対象試合として配信します。

ネッツのカイリー・アービングが8試合ぶりに戦列復帰 先発出場して37点をマーク

怪我で離脱中のピストンズの新人キリアン・ヘイズ 8週間後に再検査へ

NBAが新型コロナウイルスの最新検査結果を発表 11人の陽性者が判明

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ
  • バックス

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 日本時間1月23日のウィザーズ対バックス戦が延期