怪我で離脱中のピストンズの新人キリアン・ヘイズ 8週間後に再検査へ

日本時間1月21日(現地20日)、デトロイト・ピストンズは、負傷した右股関節のリハビリを続けているキリアン・ヘイズが8週間後に再度検査を受けると発表した。 約2週間前に右股関節唇と診断されたヘイズは、その後の詳細な検査で怪我の原因が亜脱臼であることが判明し、手術の必要はないとされている。 ヘイズは2020年のドラフト1巡目全体7位でピストンズが指名。今季は出場した7試合すべてで先発し、平均4.6得点、1.1リバウンド、3.6アシストを記録している。 1月5日(同4日)のミルウォーキー・バックス戦で負傷し、その後の試合は欠場している。

2020-21シーズンのシックスマン賞候補を米記者がランキング

ネッツのカイリー・アービングが日本時間1月21日のキャバリアーズ戦で復帰か 指揮官ナッシュも期待

腎臓に腫瘤が見つかったペイサーズのキャリス・ルバート「トレードのおかげで助かった」

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ピストンズ

選手

  • Killian Hayes

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 怪我で離脱中のピストンズの新人キリアン・ヘイズ 8週間後に再検査へ