【日本時間1月15日(金)】NBA 全5試合プレビュー

日本時間1月15日(現地14日)、NBAでは全5試合が行なわれる。以下、各試合の見どころを紹介する。

ヒート(4-5) vs 76ers(8-4):午前9時開始

延長にもつれた12日(同11日)の前回対戦では、45点と爆発したジョエル・エンビードの活躍もあり76ersが制した。当時ヒートはジミー・バトラー、バム・アデバヨ、エイブリー・ブラッドリーをリーグ規定の健康・安全プロトコルによって欠き、8人で戦わざるを得なかったのが響いたが、今回の再戦ではコートに戻ってこられるか。

■ヒート vs 76ersを観る

ホーネッツ(6-6) vs ラプターズ(2-8):午前9時30分開始

ホーネッツは前日のマーベリックス戦でFG成功率が38.0%に落ち込み、連勝が4でストップ。フィールドゴールを15本中10本ミスと精彩を欠いたゴードン・ヘイワードの復調に期待したい。ラプターズは敵地4連戦を1勝3敗で終え、ようやくホームへ。12日(同11日)のブレイザーズ戦では5試合ぶりに出番のなかった渡邊雄太は、出場機会を与えられるか。

■ホーネッツ vs ラプターズを観る

ロケッツ(3-6) vs スパーズ(6-5):午前9時30分開始

2連敗中のロケッツはジェームズ・ハーデンを放出する電撃トレードが報じられた。正式発表こそまだだが、仮に明日時点でロスターに残っていても欠場が濃厚。残ったメンバーで3試合ぶりの勝利を目指すことになるだろう。アウェイ5連戦を4勝1敗で終えたスパーズは、およそ10日ぶりのホームゲームとなる。直近2戦でチームハイの得点を挙げているロニー・ウォーカー四世が、オフェンスのキーマンとなりそうだ。

■ロケッツ vs スパーズを観る

ウォリアーズ(6-5) vs ナゲッツ(5-6):午後0時開始

ウォリアーズはステフィン・カリーが若干調子を落としているものの、アンドリュー・ウィギンズがカバー。直近2戦でチームハイの得点をマークするなど、エースの不調を補填している。直近6戦で4勝と好調のナゲッツだが、ホームでは今季2勝4敗と負け越している。平均トリプルダブルをマークする二コラ・ヨキッチを中心とした攻撃的なオフェンスで、流れを変えたい。

■ウォリアーズ vs ナゲッツを観る

ペイサーズ(7-4) vs ブレイザーズ(7-4):午後0時開始

ペイサーズは13日(同12日)のウォリアーズ戦で、チーム今季最小の95失点に封じるディフェンスを披露。ステフィン・カリーに対するタフな守備が光ったエドモンド・サムナーに注目だ。対する4連勝中のブレイザーズは、その間平均126点とオフェンスが絶好調。14日(同13日)のキングス戦ではデイミアン・リラードが40点をマークするなど、果敢に攻めて自分たちのペースに持ち込みたい。

■ペイサーズ vs ブレイザーズを観る


ジェームズ・ハーデンがネッツ移籍か 4チーム間トレードが合意報道

ネッツのケビン・デュラントが通算得点数で歴代28位に

■八村塁と渡邊雄太も活躍するNBAの2020-21シーズンを観よう!

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【日本時間1月15日(金)】NBA 全5試合プレビュー