日本時間1月8日(現地7日)NBA試合結果一覧

76ers(109) vs ネッツ(122)

ネッツは欠場したカイリー・アービングとケビン・デュラントに代わって、ジョー・ハリスが活躍。シーズンハイとなる28点をマークして、今季わずか1敗の76ersに土を付けた。さらに、キャリス・ルバートも22点、7リバウンド、10アシストとオールラウンドに活躍。ジャレット・アレンも15点、11リバウンドと続いた。76ersは今季好調のセス・カリーが左足首を痛めて欠場。ベン・シモンズもフィールドゴールを13本中9本ミスして11点にとどまった。唯一気を吐いたのはドワイト・ハワードで、わずか15分の間に12リバウンドを記録している。

■76ers vs ネッツを観る

■76ers vs ネッツのハイライトを観る(無料)

キャバリアーズ(94) vs グリズリーズ(90)

コリン・セクストンとダリアス・ガーランドと主力のガード2人が欠場したキャバリアーズは、センターのアンドレ・ドラモンドが奮起する。チームハイの22点、15リバウンド、3アシスト、2スティールと縦横無尽の活躍。試合最終盤にはリードを3点に広げるダンクをアシストし、勝利を手繰り寄せた。グリズリーズは3点ビハインドの試合残り3秒、この日2本の3ポイントを沈めていたルーキーのデズモンド・ベインが長距離砲を放つも、リングに嫌われてしまった。

■キャバリアーズ vs グリズリーズを観る

■キャバリアーズ vs グリズリーズのハイライトを観る(無料)

マーベリックス(124) vs ナゲッツ(117)

延長で輝きを放ったのは、マーベリックスのルカ・ドンチッチだった。開始早々に3ポイント、プルアップを立て続けに沈めると、残り33.1秒の場面では5点差にリードを広げるステップバックジャンパーをお見舞い。残り15秒にはフリースローも2本沈めて勝利を決定づけた。試合全体では38点、9リバウンド、13アシスト、4スティールの活躍。ナゲッツの二コラ・ヨキッチも38点、11リバウンドと奮闘したが、肝心の延長では存在感を発揮できず。

■マーベリックス vs ナゲッツを観る

■マーベリックス vs ナゲッツのハイライトを観る(無料)

スパーズ(118) vs レイカーズ(109)

スパーズが1度もレイカーズにリードを許さず逃げ切った。第3クォーター終盤で肉薄されるも、第4クォーター中盤からは常に10点近いリードを奪った。ラマーカス・オルドリッジはチームハイの28点をマークした。レイカーズはレブロン・ジェームズが27点、12アシスト、アンソニー・デイビスが23点、10リバウンドを奪うも、試合の主導権は握れず。チーム全体でフリースローを21本中13本(成功率61.9%)しか決められなかったのも響いた。

■スパーズ vs レイカーズを観る

■スパーズ vs レイカーズのハイライトを観る(無料)

ウルブズ(117) vs ブレイザーズ(135)

第2クォーターでブレイザーズが47-27と一気に突っ走る。デイミアン・リラードは28分の出場ながら、7本の3ポイントを含む39点をマーク。連敗を2で止めるとともに、勝率を5割に戻した。ウルブズはディアンジェロ・ラッセルとルーキーのアンソニー・エドワーズがともに26点を挙げるも、欠場が続くカール・アンソニー・タウンズの穴は埋められず。開幕2連勝を飾って以降、続いている連敗が6まで伸びてしまった。

■ウルブズ vs ブレイザーズを観る

■ウルブズ vs ブレイザーズのハイライトを観る


ペリカンズのロンゾ・ボール、弟ラメロとの兄弟初対決に意気込み「とても面白い試合になる」

ラプターズの渡邊雄太がシーズン3試合目の出場 今季最長15分で3得点、3リバウンドを記録

■八村塁と渡邊雄太も活躍するNBAの2020-21シーズンを観よう!

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 日本時間1月8日(現地7日)NBA試合結果一覧