日本時間1月7日(現地6日)NBA試合結果一覧

ロケッツ(107) vs ペイサーズ(114)

ペイサーズは試合終盤に勝利を呼び込む3ポイントを沈めたマルコム・ブログドンが、ゲームハイの35点。さらに控えのジャスティン・ホリデーがシーズンハイの20点と続いた。ロケッツは頼みのジェームズ・ハーデンが12アシストをマークするも、得点は15点の大ブレーキ。3ポイントは5本中1本のみ成功と精彩を欠いた。

■ロケッツ vs ペイサーズを見る

■ロケッツ vs ペイサーズのハイライトを見る(無料)

キャバリアーズ(94) vs マジック(105)

マジックは第1クォーターでマーケル・フルツが負傷離脱するアクシデントに見舞われる(後に右膝前十字靭帯断裂と判明)。すると、控えのテレンス・ロスが22分で3ポイント5本成功と効率よく得点を奪い、チームハイの20点を叩き出した。キャバリアーズは3ポイントを26本中4本しか決められず。

■キャバリアーズ vs マジックを見る

■キャバリアーズ vs マジックのハイライトを見る(無料)

ウィザーズ(136) vs 76ers(141)

ウィザーズのブラッドリー・ビールがキャリアハイの60点を奪うも、チーム全体でFG成功率61.7%、3ポイント成功率62.1%を記録した76ersに軍配。4戦連続で先発出場となった八村塁だが、今季初めて1桁得点(8)にとどまっている。76ersはジョエル・エンビードがチームハイの38点を記録した。

■ウィザーズ vs 76ersを見る

■ウィザーズ vs 76ersのハイライトを見る(無料)

ホーネッツ(102) vs ホークス(94)

ホーネッツのゴードン・ヘイワードが44点の大暴れ。控えの新人ラメロ・ボールも16点、8リバウンド、5アシストとマルチに活躍した。ホークスは第1クォーターで11点と失速。トレイ・ヤングもフィールドゴールを9本中2本しか決められず、7点、3アシストと精彩を欠いた。

■ホーネッツ vs ホークスを見る

■ホーネッツ vs ホークスのハイライトを見る(無料)

セルティックス(107) vs ヒート(105)

実力伯仲の両者による戦いは、第3クォーター中盤からクロスゲームに。試合残り4分、95-95の場面からセルティックスが10点を連取すれば、ヒートもダンカン・ロビンソンの2連続3ポイントなどで猛追。残り13.4秒で同点に追いつく。延長待ったなしと思われたなか、残り0.2秒でセルティックスの新人ペイトン・プリチャードが味方のミスショットをティップインし、激戦に終止符を打った。

■セルティックス vs ヒートを見る

■セルティックス vs ヒートのハイライトを見る(無料)

ジャズ(100) vs ニックス(112)

ニックスはジュリアス・ランドルが30点、16リバウンド、7アシストと獅子奮迅の活躍。さらに、エルフリッド・ペイトンが22点、8アシスト、控えのオースティン・リバースも23点とエースの活躍に呼応した。ジャズは前半こそ56-44とリードして折り返したものの、試合終盤で若いニックスの勢いを封じられなかった。

■ジャズ vs ニックスを見る

■ジャズ vs ニックスのハイライトを見る(無料)

ピストンズ(115) vs バックス(130)

バックスは前半で82-56と大量のリードを奪う。ヤニス・アデトクンボは28分の出場ながら、チームハイの25点、8リバウンド、4アシストとオールラウンドに活躍した。さらに、兄サナシスも今季最多となる8点をマーク。ピストンズはジェレミー・グラントが31点と奮起したが、ブレイク・グリフィンがフィールドゴール9本中7本ミスして9点と苦しんだ。

■ピストンズ vs バックスを見る

■ピストンズ vs バックスのハイライトを見る(無料)

サンダー(111) vs ペリカンズ(110)

後半、最大14点リードを奪ったサンダーだが、ペリカンズが猛追して終盤は1ポゼッションゲームに。それでもサンダーは試合残り12.1秒、ジョージ・ヒルが冷静にフリースローを2本沈めて111-110と1点リードを奪う。その後ペリカンズは残り2.3秒でニキール・アレクサンダー・ウォーカーが3ポイントを狙うも、リングに嫌われて万事休す。

■サンダー vs ペリカンズを見る

■サンダー vs ペリカンズのハイライトを見る(無料)

ラプターズ(115) vs サンズ(123)

サンズが21本の3ポイントを沈め、ラプターズのディフェンスを苦しめた。この勝利でサンズはウェスト首位に浮上。ラプターズはパスカル・シアカムが32点と復調したのが救いだった。なお、渡邊雄太はセカンドユニットとして第2クォーター途中から試合に出場し、15分プレイして3点、3リバウンドをマークした。

■ラプターズ vs サンズを見る

■ラプターズ vs サンズのハイライトを見る(無料)

クリッパーズ(108) vs ウォリアーズ(101)

クリッパーズは前日の試合を欠場していたポール・ジョージが21点、12リバウンドと活躍。カワイ・レナードも同じく21点を挙げて、オフェンスをリードした。ウォリアーズは頼みのステフィン・カリーが13点と失速。アンドリュー・ウィギンズと控えのエリック・パスカルがともに19点と奮起するも、勝利には至らず。

■クリッパーズ vs ウォリアーズを見る

■クリッパーズ vs ウォリアーズのハイライトを見る(無料)

ブルズ(124) vs キングス(128)

FG成功率がブルズ(52.7%)、キングス(51.6%)というオフェンシブな一戦を制したのは、リショーン・ホームズ(24点)、マービン・バグリー三世(21点)、ハリソン・バーンズ(20点)と3人が20点以上を奪ったキングス。試合残り1分34秒で1点差まで詰め寄られるも、残り12秒でタイリース・ハリバートンが6点差に広げる3ポイントを沈め勝負を決めた。ブルズはコービー・ホワイト(36点)とザック・ラビーン(32点)の2人で68点を叩き出したが及ばず。

■ブルズ vs キングスを見る

■ブルズ vs キングスのハイライトを見る(無料)


ラプターズの渡邊雄太がシーズン3試合目の出場 今季最長15分で3得点、3リバウンドを記録

八村塁所属のウィザーズ、ビールが60点の爆発もイースト首位の76ersが勝利

■NBA 2020-21シーズンを観よう!

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 日本時間1月7日(現地6日)NBA試合結果一覧