クリッパーズがホーネッツにウェイブされたニコラ・バトゥームを獲得へ

11月29日(日本時間30日)、シャーロット・ホーネッツはベテランフォワードのニコラ・バトゥームと、今年1月に2WAY契約を結んだレイ・スポルディングをウェイブ(契約解除)したことを発表した。同日にゴードン・ヘイワードをボストン・セルティックスから獲得したホーネッツは、そのサイン&トレードを成立させるために必要だったサラリーキャップの空きを作るべく、バトゥームらをウェイブしたと『NBA.com』は伝えている。 また、『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者によると、ウェイバーがクリアされ次第、バトゥームはロサンゼルス・クリッパーズと契約する見込みだという。 近年のバトゥームは、相次ぐ怪我の影響もあって存在感が低下。控えに降格した昨季も22試合しか出場できず、平均得点(3.6得点)、シュート成功率(34.6%)、3ポイント成功率(28.6%)でキャリア最低の成績に終わっていた。 2008年のNBAドラフト1巡目全体25位指名でポートランド・トレイルブレイザーズに入団し、NBAキャリアをスタートさせたバトゥームは、2020-21シーズンの開幕時点で32歳となる。今後どれほどのプレイができるかは未知数だが、平均11.6得点、5.2リバウンド、3.8アシスト、3ポイント成功率35.7%というキャリアアベレージに近い活躍を見せることができれば、クリッパーズにとって大きな戦力アップとなるだろう。 ちなみに『The Charlotte Observer』のリック・ボンネル記者によれば、バトゥームの2700万ドル(約28億円)という年俸は今後3シーズンでホーネッツが分割払いし、その支払額はホーネッツのサラリーキャップに計上される。

【無料】俺達のNBA‼ 「俺達のバッシュ第2弾」

NBAがプレシーズン全49試合の日程を発表 初日に王者レイカーズ対クリッパーズの“ロサンゼルス対決”が開催

ホーネッツ、ゴードン・ヘイワードのサイン&トレードが成立 セルティックスは2850万ドルのトレード・エクセプションを獲得

ヒートのパット・ライリー球団社長、バム・アデバヨとの契約延長は迷いなし「悩む必要のない簡単なことだった」

関連タグ

チーム

  • ホーネッツ
  • クリッパーズ

選手

  • Nicolas Batum

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クリッパーズがホーネッツにウェイブされたニコラ・バトゥームを獲得へ