ネッツがジョー・ハリスと4年総額7500万ドルで再契約に合意 ジェフ・グリーンもベテラン最低保証額で獲得

ブルックリン・ネッツは、完全FA(フリーエージェント)となったジョー・ハリスと4年総額7500万ドル(約78億円)で再契約することに合意した。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が伝えている。 2014年にクリーブランド・キャバリアーズでNBAキャリアをスタートさせた29歳のハリスは、在籍2年間はロスター当落線上ギリギリの選手だったが、2016年のネッツ移籍を機に台頭。スタメンに定着した2018-19シーズンは、オールスターの3ポイントコンテストで優勝を果たすと、3ポイント成功率リーグ1位(47.4%)に輝き、オフにはアメリカ代表の一員としてワールドカップにも出場した。 昨季もレギュラーを務め、自己ベストの平均14.5得点、リーグ7位の3ポイント成功率42.4%を記録。2017-18シーズン以降、最低400本以上の3ポイントシュートを放った208選手のうち、セス・カリー(ダラス・マーベリックス→フィラデルフィア・76ers)に次ぐ成功率(43.9%/1150本中505本成功)を残しており、リーグ屈指の3ポイントシューターとして地位を確立している。 2018年に結んだ2年総額1600万ドル(約16億6000万円)の契約を満了し、完全FAとなったなか、ハリスの代理人を務めるマーク・バーテルスタイン氏が4年総額7500万ドル(約78億円)でネッツと再契約で合意に至ったと明かした。 さらに、ネッツは昨季ヒューストン・ロケッツに所属していた34歳のジェフ・グリーンとベテランミニマム額で1年契約を結んだという。グリーンはオクラホマシティ・サンダー時代にケビン・デュラントと共闘しており、2011年2月以来のチームメイトとなる。 ネッツは2019年9月、中国ネット大手「アリババ」の共同創設者で台湾出身の実業家ジョセフ・ツァイ氏がオーナーに就任。資金面のバックアップもあり、新シーズンに向けて順調に戦力を整えている。

【無料】Legend Watcher~コービーの81得点を#一緒に観よう!

エイブリー・ブラッドリー、ヒートと2年総額1160万ドルで契約合意と代理人が発表

去就が注目されたカーメロ・アンソニー、ブレイザーズ残留へ

クリッパーズがサージ・イバカと契約合意 マーカス・モリスも残留へ

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Joe Harris
  • Jeff Green

キーワード

  • 移籍・トレード
  • フリーエージェント
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ネッツがジョー・ハリスと4年総額7500万ドルで再契約に合意 ジェフ・グリーンもベテラン最低保証額で獲得