ドラフト全体1位指名のアンソニー・エドワーズ、NBAで対戦したい選手はケビン・デュラント「準備はできている」

2020年のNBAドラフトが11月18日(日本時間19日)、コネチカット州ブリストルにある『ESPN』のスタジオからバーチャルで開催され、ジョージア大学出身のガード、アンソニー・エドワーズがミネソタ・ティンバーウルブズに1巡目全体1位で指名された。ジョージア大学初の全体1位選手となったエドワーズが、その喜びを語っている。 ――1位指名おめでとうございます。今の気持ちは? 「すごくワクワクしているし、母と祖母(ともに8年生の時にガンで死去)が隣にいたからとにかく興奮しているよ。僕はチームに完璧にフィットすると思っている。(ディアンジェロ)ラッセルは時折オフ・ザ・ボールでのプレイを好むけど、僕はボールを持ってもプレイできる。彼が勝負したければ、僕はオフ・ザ・ボールでプレイする。KAT(カール・アンソニー・タウンズ)はリーグでもベストの3ポイントシュート力を備えたビッグマンだ。だから、ピック&ロールも上手く行くだろう」 ――バスケットボール運営部門社長のガーソン・ロサスは、プレッシャーをかけずに君をスーパースターにさせることだと言っていた。フィジカル面ではNBAでプレイする準備ができているし、身体能力も高い。ルーキーシーズンはどんな成長ができると思う? 「彼(ロサス)は『プレッシャーを感じなくていい』と言ってくれた。僕には2人のスーパースター(タウンズとラッセル)がいるから、プレッシャーを感じることはない。でも、これまで通りのプレイをして、他の方法でゲームにインパクトを与えるつもりだ。彼らは自分で得点できるから、ディフェンスで貢献したい。願わくは、チームでベストのリバウンドを取れるガードになりたいけど、コーチが求めることはなんでもする」 ――NBAで最も対戦が楽しみなのは? 「その答えは簡単さ。(ブルックリン・ネッツの)ケビン・デュラントと対戦したい」 ――その理由は? 「単純に、彼がリーグのベストプレイヤーだからさ。7フッター(213cm/公称は208cm)で、守り切れない。ガードのようにすべてをこなせる。対戦する準備はできているよ」 ――ガーソン・ロサスやライアン・サンダースHC(ヘッドコーチ)とはどんな会話を? ウルブズについて知っていることは? 「このチームは競争心にあふれている。初めて会った時から、僕のためのゲームプランを持っていた。彼らはコートで全力を尽くせる選手、戦う準備のできている選手を望んでいる。僕はその条件を満たす選手だと思うよ」 ――今年は新型コロナウイルスの影響でいろんな制限があったけど、いつ、どんな練習をしていたの? 「アーリーエントリーを宣言して、ようやくバスケットボールに集中できるようになった。毎日1%ずつ成長することが目標だ。この期間はキャッチ&シュートを磨いた。ドリブルで相手に恐怖心を与えることはできていたけど、キャッチ&シュートが課題だったんだ。ステップアップできたとは思うけど、まだまだ良くなると思う」 ――ウルブズで楽しみなことは? 「マリック・ビーズリー、ジョシュ・オコーギー、ジャレット・カルバー、ディアンジェロ・ラッセル、カール・アンソニー・タウンズ……、チームにはたくさんのスコアラー、ボールを持ってプレイできる選手がいる。これほど良い環境はないし、神に感謝しているよ」

【無料】俺達のNBA‼「俺達のドラフト」

NBAドラフト2020の全体1位指名はアンソニー・エドワーズ 八村所属のウィザーズはイスラエル人のデニ・アブディヤを指名

76ersがアル・ホーフォードをサンダーに放出 レイカーズから移籍が内定しているダニー・グリーンを獲得へ

ホークス、高額の複数年契約を準備してゴードン・ヘイワードのサイン&トレード画策か

関連タグ

チーム

  • ティンバーウルブズ

選手

  • Kevin Durant

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAドラフト
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ドラフト全体1位指名のアンソニー・エドワーズ、NBAで対戦したい選手はケビン・デュラント「準備はできている」