マイルズ・ターナーはセルティックスの選手? ウィキペディアの書き換え多発で本人爆笑「何が起こっているんだ」

インディアナ・ペイサーズのマイルズ・ターナーは、ビクター・オラディポと同様にトレードの噂が多数飛び交う注目銘柄の1人だ。ボストン・セルティックス、ワシントン・ウィザーズ、ニューオーリンズ・ペリカンズなどが新天地候補に挙がるなかで、珍騒動が話題を呼んでいる。 地元紙『インディアナポリス・スター』のクリス・シムズ記者によれば、“異変”が起こったのは11月17日夜(日本時間18日)。フリー百科事典『ウィキペディア』上で、マイルズが「ボストン・セルティックスの選手」に変更されていたという。 マイルズ自身がそれに気づき、「何が起こっているんだ(笑)。俺のウィキペディアページをハッキングしたのは誰だ?」とツイッターに投稿。ウィキペディアは誰でもエントリーの変更が可能なため、その後にヒューストン・ロケッツ、中国の上海シャークス、WNBAのニューヨーク・リバティ、求人情報専門の検索エンジン『indeed』など、次々と“偽情報”が次々と書き換えられ、騒動が大きくなった。 24歳のターナーは、2018-19シーズンにブロック王(平均2.7本)を獲得し、2019年夏にはアメリカ代表の一員としてワールドカップにも出場した。インサイドの柱になれるタレントだが、ドマンタス・サボニスとのコンビはあまり相性が良くないとも見られ、トレードの可能性が指摘されてきた。 現在、マイルズのウィキペディアページは元の状態に戻っているが、近いうち、所属先がペイサーズから変更となっても不思議はないかもしれない。

関連タグ

チーム

  • ペイサーズ

選手

  • Myles Turner

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マイルズ・ターナーはセルティックスの選手? ウィキペディアの書き換え多発で本人爆笑「何が起こっているんだ」