完全FAのトリスタン・トンプソン、レイカーズ、クリッパーズ、ラプターズが獲得に関心か

クリーブランド・キャバリアーズのトリスタン・トンプソンは、今オフに完全FA(フリーエージェント)となる。キャリア通算619試合に出場して平均9.4得点、8.7リバウンドを記録するベテランビッグマンに対し、3チームが獲得に興味を示しているという。 キャバリアーズは昨季シーズン途中に、デトロイト・ピストンズからトレードでアンドレ・ドラモンドを獲得。開幕からスタメンを務めていたトンプソンは、ベンチスタートに回った。ドラモンドは新シーズンがプレイヤーオプションのため去就はまだ確定していないが、ケビン・ラブと引き続きインサイドの軸を担うのが基本線で、完全FAのトンプソンが出番を求めて新天地に行く可能性も少なくない。 『Forbes』のエバン・ダマレル記者によれば、NBAキャリア9年のトンプソンに対してロサンゼルス・レイカーズ、ロサンゼルス・クリッパーズ、トロント・ラプターズが関心を持っているという。 レイカーズには、2016年にキャバリアーズの優勝をともに勝ち獲ったレブロン・ジェームズが在籍している。ドワイト・ハワードが完全FA、アンソニー・デイビスとジャベール・マギーがプレイヤーオプションという状況からも、有力候補の一つと言えるかもしれない。センターの層の薄さが課題のクリッパーズ、サージ・イバカとマルク・ガソルが完全FAとなるラプターズのニーズにもトンプソンはマッチしそうだ。 もっとも、ダマレル記者によれば、キャバリアーズ一筋9年のトンプソン自身は再契約を望んでおり、「トンプソンはキャバリアーズでキャリアを終え、中心を担っていく若手の成長をサポートしたいと考えている」ともレポートしている。 トンプソンの処遇、今年のドラフト1巡目5位指名権の活用法を含めて、オフの動向がキャバリアーズ再建の鍵を握りそうだ。

【無料】DAILY9Next~in オフシーズン~#2 オフにやりたい事トーク!を観る

スペンサー・ディンウィディーにウェストの複数の強豪チームが関心? 本人も報道に反応「俺も知りたい」

開幕に向けて準備万端のステフィン・カリー「人生で最も長い7か月に感じた」

レイカーズがサージ・イバカの獲得に興味か NBAの某GMが証言「レイカーズが必要とするタイプのビッグマン」

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ
  • クリッパーズ
  • レイカーズ
  • ラプターズ

選手

  • Tristan Thompson

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 完全FAのトリスタン・トンプソン、レイカーズ、クリッパーズ、ラプターズが獲得に関心か