ケネス・ファリードがロケッツへ?!

ブルックリン・ネッツとフォワードのケネス・ファリードとの間で、契約のバイアウトが合意に至ったと報じられた。ファリードは、バイアウトが正式決定した後にヒューストン・ロケッツと契約する見込みだと、ESPNは報じている。 ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、ファリードは現地1月19日にネッツから解雇され、その2日後の同21日にロケッツと契約するようだ。現在、ロケッツは相次ぐ怪我人に悩まされている。 2011年のNBAドラフト1巡目全体22位でデンバー・ナゲッツに入団したファリードは、2018年7月13日(現地時間)のトレードでネッツに移籍した。だが、ネッツ移籍後のファリードは殆どプレータイムを貰えず、今シーズンはわずか12試合の出場で(全て控えでの出場)、1試合平均9.8分間のプレーで平均5.1得点、3.7リバウンドという寂しい数字を記録している。これは、彼のキャリア平均と比較すると約半分の数字だ。 ファリードは、キャリア通算で1試合平均11.3得点、8.1リバウンドを記録している。

関連タグ

チーム

  • ロケッツ

選手

  • Kenneth Faried

キーワード

  • 移籍・トレード
  • 契約
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ケネス・ファリードがロケッツへ?!