アダム・シルバーNBAコミッショナー、12月22日開幕案に見解「時間がなくなってきている」

NBAは現在、新シーズンの開幕日を12月22日(日本時間23日)に設定することを目指しているとされる。しかし、NBPA(NBA選手会)との交渉も停滞しており、年内のシーズンスタートは徐々に難しくなってきている。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、NBAは11月2日(同3日)に各チームのGM(ゼネラルマネージャー)と会談を実施したという。 「NBAは本日、GMたちに2020-21シーズンの開幕時期について選手会と同意していないことを繰り返した。選手会との交渉は続いているが、クリスマス前に合意するための可能性はどんどん小さくなっている。12月22日に開幕するには、少なくともその1か月以内にトレーニングキャンプを始める必要があると推測される。今日、アダム・シルバーNBAコミッショナーは『私たちには時間がなくなってきている』と話した」 NBAとしては、バブル(隔離地域)開催中に大きく減少したTV視聴者を回復させるためにも12月中に開幕にしたい意向だと言われている。 開幕が来年1月になると、アメリカ最大の人気スポーツであるNFLがプレイオフ期間中となっており、スポーツファンの関心を集めるのは難しい。ただ、特にプレイオフを勝ち進んだチームの選手たちにとって、年内のシーズン開幕は負担が大きいなど様々なマイナス面もある。 また、コロナ禍による減収を受けたサラリーキャップの額が決まっていないなど、12月中に開幕するにはいろいろと解決しなければならない問題がある。一方で来年1月スタートによるデメリットも存在しており、コミッショナーがどんな舵取りを見せるのか引き続き大きな注目が集まっている。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • アダム・シルバーNBAコミッショナー
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. アダム・シルバーNBAコミッショナー、12月22日開幕案に見解「時間がなくなってきている」