レイカーズのダニー・グリーン、プレイオフでの“クリッパーズ崩壊”に見解「うぬぼれた発言は反対の結果を生む」

ロサンゼルス・クリッパーズは昨オフにカワイ・レナードとポール・ジョージというスター選手を獲得し、優勝候補の一つと見られていた。しかし、デンバー・ナゲッツと対戦したカンファレンス準決勝で3勝1敗から3連敗を喫してまさかの敗退。チームケミストリーに重大な問題を抱えていたとの噂もあるが、優勝したロサンゼルス・レイカーズのダニー・グリーンは別の部分が要因だと見ているようだ。 元NBA選手のラジャ・ベルとローガン・マードックがホストを務める『The Ringer』のポッドキャスト『Real Ones』にゲスト出演した際、グリーンがライバルチームについて自身の見解を述べた。 「正しい方法でプレイし、正しい行いをしていれば、バスケットボールの神は加護を与えてくれると思う。自分の存在をアピールするために発言する人も多いし、それは別に問題ではないと思う。だけど、うぬぼれた発言をするべきではない。ほとんどの場合、うぬぼれた発言をすると、真逆の結果になるからだ。どのような方法であれ、どのようなやり方であれ、うぬぼれた発言は反対の結果を生むんだ。皮肉にもね」 クリッパーズのパトリック・べバリーやジョージは強気な発言やトラッシュトークをすることで知られており、その発言が物議をかもすことも多い。 ジョージは、オクラホマシティ・サンダー時代の2018-19シーズンのプレイオフ1回戦で、対戦相手だったポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードにトラッシュトークを仕掛け続けたがまったく相手にされず、結局そのリラードに劇的な決勝ブザービーターを決められて1勝4敗でプレイオフから敗退した苦い経験も持っている。 “口は災いの元”とも言うが、昨季自身3度目の優勝を果たしたグリーンは、プレイに集中していれば結果はおのずとついてくると主張していた。

【無料】DAILY9Next~in オフシーズン~#1 女子3人がオフも集合!を観る

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ
  • レイカーズ

選手

  • Danny Green

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. レイカーズのダニー・グリーン、プレイオフでの“クリッパーズ崩壊”に見解「うぬぼれた発言は反対の結果を生む」