「NBAのユニフォームがめっちゃ好きなんです」世界遺産のマチュピチュを“独占”した片山慈英士さん

10月初旬、無人のマチュピチュ遺跡を1人の日本人青年が訪問したことをご存じだろうか? 奈良市のボクシングトレーナー、片山慈英士さん。世界一周中だった彼は3月にペルーを訪れたが、新型コロナウイルス対策のためマチュピチュに近い町で足止めされてしまった。それから約7か月後、ペルーの外相から特別な入場申請が認められ、ついにマチュピチュへ。その時撮影した世界遺産を背景にしたポートレイト写真が多くのメディアで取り上げられ、大きな話題となったのである。 片山さんはマチュピチュを訪れた際、マイケル・ジョーダンのユニフォームを着ていた。もしかしたらNBAファンなのでは――。「NBA Rakuten」は、2019年7月から世界一周旅行を始め、今もペルーに滞在しているという片山さんに話を聞いた(2020年10月27日取材)。

初めて買ったのはコービーのユニフォーム

――マチュピチュで撮影された写真で、マイケル・ジョーダンのユニフォームを着ていらっしゃいました。また、インスタグラムではジョーダン以外にも、レブロン・ジェームズ、ラリー・バードなどのユニフォームも着てらっしゃいますが、全部で何枚持っているんですか? 片山さん:おそらく10枚前後でしょうか。今バックパックに持ってきているのは6枚くらいですね。 ――ユニフォームを着ていると、現地の方から声を掛けられることも多いのでは? 片山さん:めちゃくちゃあります。例えば「それどこで買ったん?」って。マチュピチュでも言われました。アフリカではよく「ちょうだい」って請われたり(笑)。着古したヤツは子どもにあげたりしています。あとは「ご飯と交換してくれ」と物々交換を提案されたこともありましたね。 ――いつ頃からNBAのユニフォームを着るようになったんですか? 片山さん:6~7年前くらい、何気なくSNSを見ていたNBAのユニフォームを着ている人の写真が出てきたんです。「これめちゃくちゃカッコいいな」って、自分も着始めたのがきっかけですね。大学生の頃からバックパッカーをちょくちょくしていたんですけど、そういう時に着ていました。なので、主には海外旅行に行く時とボクシングの練習をする時、トレーナーとして教えている時にユニフォームを着ています。 ――ちなみに、最初に購入されたのはどの選手だったか覚えてますか? 片山さん:レイカーズのコービー・ブライアント、確かイエローの24番です。そこからは、お金ができたら買っての繰り返しでした。ただ、最初はサイズ感とかがあまり分からなかったので、買ってみたら小っちゃいなぁとかそんな失敗も(笑)。でも今は慣れてきたので、だいたいどんな大きさかっていうのは分かってきました。

レブロンのユニフォームを着て現地の子どもにボクシングを教える片山さん

NBAストアは何時間でもいられる

――一番のお気に入りは? 片山さん:レブロンです。色とデザインが好きなんです。いろんなチームやデザインのものが欲しいんですけど、けっこう値段もするので……。 ――マチュピチュではジョーダンのユニフォームを着てらっしゃったので、てっきりあれが一番のお気に入りかと思っていました(笑) 片山さん:ジョーダンのも好きなんですけどね、レブロンのユニフォームはちょうど洗濯していました(笑)。僕の報道があった後、何個かニュースやYouTubeを見させてもらったんですけど、「マチュピチュに監禁されているのに“シカゴ”って書いてあるし、ボクシングをしているのにNBAのユニフォーム、ようわからん」みたいなことは結構書かれてました(笑)。あとはやっぱり、「バスケやってたの?」とはよく聞かれますよ。 ――実際にバスケ経験は? 片山さん:ボクシングと野球をやっていたので、正直バスケはしたことがないんです。ただ、NBAのユニフォームがめっちゃ好きなんですよね。 ――ユニフォーム以外にもNBAのアイテムは身につけられていますか? 片山さん:スニーカーがめっちゃ好きで、ユニフォーム買うようになる前から履いてました。特に『エア・ジョーダン4』の赤。ボロボロになったらまた買ってって。あとNBAのジャケットとかパーカーなどもめちゃくちゃ好きです。ニューヨークのNBAストアに行ったことがあるんですけど、NBAなのにベースボールシャツとか見たことがないアイテムがいろいろあって……。テンションめっちゃ上がりましたし、ここに何時間でもいられるなって思いました(笑)。


NBAのユニフォームについて熱く語ってくださった片山さんは、約1年半続けた世界一周に終止符を打ち、11月に帰国する予定。帰国後は、自らのボクシングジムを作るために奮闘するという。「そのジムで着るのは?」との質問には、「NBAのユニフォームですね」と答えてくれた。まごうことなきNBAファンと言えるだろう。 ※写真はすべて片山さん提供

【無料】DAILY9Next~in オフシーズン~#1 女子3人がオフも集合!を観る

ヒートの新星タイラー・ヒーロー、熟練PGドリュー・ホリデーとの交換要員になる可能性を番記者が指摘

ウルブズとウォリアーズはドラフト指名権のトレードに前向きと米記者が報道

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「NBAのユニフォームがめっちゃ好きなんです」世界遺産のマチュピチュを“独占”した片山慈英士さん