ウォリアーズが中国クラブ退団のジェレミー・リン獲得に関心か ステフィン・カリーも元同僚の復帰を歓迎と報道

ゴールデンステイト・ウォリアーズは、ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)やジョエル・エンビード(フィラデルフィア・76ers)のトレード獲得、ドワイト・ハワード(ロサンゼルス・レイカーズ)やマルク・ガソル(トロント・ラプターズ)のFA(フリーエージェント)補強など、様々な噂で今オフを賑わせているチームの一つだ。そのなかで、元NBA選手であるジェレミー・リンにも興味を示していると報じられている。 中国の北京ダックスを退団して、FAとなったリンに関して、バスケットボール記者のジ・レイ氏が中国版SNSでレポート。リンは現在ロサンゼルスで週6回のハードなトレーニングをこなしていると触れつつ、このように綴っている。 「関係者によると、ウォリアーズはジェレミー・リンに明確な関心を示している。カリーはリンのプレイが好きで、ウォリアーズ加入の希望も歓迎している。リンはまだ決断を下していないが、明らかにウォリアーズは重要な選択肢の一つだ」 ウォリアーズの大黒柱であるステフィン・カリーは、2010-11シーズンに同僚だったリンのプレイがお気に入りだという。さらにレイ氏は、リンが今年10月にインスタグラムに投稿した自宅でシュート練習の動画を基に、「シュートのアーチの角度やリズムを変え、よりクイックリリースになっている。“スナップショット”と呼ばれ、ステフィン・カリーに近い撃ち方だ」と分析している。 台湾系アメリカ人のリンは、NBAキャリア9年でウォリアーズ、ニューヨーク・ニックス、ヒューストン・ロケッツ、ロサンゼルス・レイカーズ、シャーロット・ホーネッツ、ブルックリン・ネッツ、アトランタ・ホークス、トロント・ラプターズと計8チームに所属してきた。NBA復帰に際しては、2016年から2年間を過ごした古巣ネッツも、将来的な所属先になる可能性があるという。 「ウォリアーズに加えて、ネッツも新天地候補になるかもしれない。オーナーが(台湾出身の)ジョセフ・ツァイであることは周知の事実だ。彼は中国の要素をチームに取り入れることを望んできた。しかも、ジョセフ・ツァイとリンは非常に良好な関係を築いている」 “リンサニティ”と呼ばれる一大センセーションを巻き起こした男がNBAの舞台に復帰するのか。それが、カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンらタレントを擁するウォリアーズとなれば、いっそう注目度は増しそうだ。

【無料】俺達のNBA‼ 「俺達の補強」を観る

アマレ・スタウダマイヤーがスティーブ・ナッシュ新HC率いるネッツのアシスタントコーチに就任へ

名将ジョージ・カール、元教え子カーメロ・アンソニーに去就の“アドバイス”「ブレイザーズに戻ることを勧める」

クリス・ポールのレイカーズ加入説にドウェイン・ウェイドが言及「CP3を加えたら支配が始まる」

ご意見番シャキール・オニール、ポール・ジョージのトレードを提言「2人の優秀な選手を獲得しなければならない」

NBA、来シーズンをクリスマス前に開幕する方向で日程を調整か 試合数を減らす可能性も

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Stephen Curry

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウォリアーズが中国クラブ退団のジェレミー・リン獲得に関心か ステフィン・カリーも元同僚の復帰を歓迎と報道