ラプターズが来シーズン着用する3種類の新ユニフォームを発表

10月15日(日本時間16日)、トロント・ラプターズが2020-21シーズンに着用する5種類のユニフォームのうち3種類を発表した。 球団の歴史を感じさせる要素をユニフォームの細部に散りばめたというデザインについて、マサイ・ウジリ球団代表は以下のようにコメントしている。 「ユニフォームは選手たちにとっても重要なものです。そこで、我々のチームは、2019年のNBAファイナルで着用したアーンド・エディションのジャージー(デザイン)を選びました。我々は、ただ胸元にラプターズと書いてあったり、トロントの街やカナダのシンボルがデザインされているというだけでなく、デザインそのものが素晴らしいことからも、着ていて誇りに思えるユニフォームを選手とファンに届けたかった。我々は、それを実現できたと思います」 発表によると、白色のアソシエーション・ユニフォームと赤色のアイコン・エディション・ユニフォームの胸元にある山型のデザインは、「The North(北部)」「過去の勲功」「未来への道」を象徴している。また、黒地に赤色のアクセントが入ったステイトメント・エディションのユニフォームは、往年の「恐竜ユニフォーム」を彷彿とさせるグレーのピンストライプがデザインされている。また、このユニフォームだけは、右肩のロゴがナイキではなく、ジョーダンブランドのジャンプマンになっている。 2019年にNBAチャンピオンに輝いたラプターズは、今季カンファレンス準決勝まで駒を進めたが、主力のパスカル・シアカムとマルク・ガソルがシーズン再開後に調子を落としたこともあり、2年連続のNBAファイナル進出は叶わなかった。 フレッド・バンブリート、ガソル、サージ・イバカ、ロンデイ・ホリス・ジェファーソンらがフリーエージェントとなるオフシーズンでは、どのような動きを見せるのだろうか。

■新ユニフォームはこちらからチェック

関連タグ

チーム

  • ラプターズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ラプターズが来シーズン着用する3種類の新ユニフォームを発表