ウォリアーズOBのマット・バーンズが古巣の課題について持論「ベンチの強化は必要不可欠」

ゴールデンステイト・ウォリアーズは、昨季まで5年連続でNBAファイナルへ進出し、3度の優勝を果たした。今季は15勝50敗でリーグ最下位に低迷したが、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソンら主力が怪我から復帰する来季は、リーグの強豪に返り咲くことが期待されている。それだけに、迎えるオフシーズンではロスター強化に踏み出すことが予想されている。 そんななか、ウォリアーズのOBであるマット・バーンズが、古巣の課題について持論を展開。『ESPN』の人気番組『The Jump』に出演した際、ウォリアーズが来季のウェスタン・カンファレンスでトップ3に入ると予想し、そのためには控えの強化が鍵になると語っている。

【無料】DAILY9 今季最終回スペシャルを観る

「ウォリアーズに必要なことを一つ提言するならば、それはベンチの再建だ。これまでは、アンドレ・イグダーラ(現マイアミ・ヒート)、ショーン・リビングストン、デイビッド・ウェスト、パトリック・マコー(現トロント・ラプターズ)らサポーティングキャストの存在が成功の鍵を握っていた。だから、ベンチの強化は必要不可欠なんだ」 自身の現役キャリア最後となった2016-17シーズン途中にウォリアーズへ再加入(2006年〜2008年在籍)したバーンズは、同シーズンに優勝を経験。当時のチームにおけるサポーティングキャストの活躍を間近で見て、選手層の厚さががいかに重要であるかを肌で感じていたのだろう。 現在ウォリアーズには、今年のドラフト1巡目全体2位指名権や、昨年オフにイグダーラを放出したことで得た1720万ドル(約18億円)のトレード・エクセプションなど、駒となるアセットが豊富にあり、フロントがこれらを利用してロスター強化に動き出す可能性は高い。 王朝時代に“Strength in Numbers(数による強さ)”、つまり「選手全員で戦う」ことをチームのスローガンに掲げていたウォリアーズ。どのような手段を使って、この“数”を増やしていくのか注目が集まる。

その他のニュース

就任1年目で優勝。ポジティブなエナジーでレイカーズをまとめたフランク・ボーゲルHC【宮地陽子コラム vol.7】

レイカーズ相手に善戦。雑草軍団を支えた“ヒート・カルチャー”とは【杉浦大介コラム vol.34】

ダーク・ノビツキー、盟友ナッシュからのコーチ就任オファーを断った理由を明かす

ドラフト8位指名権を保有するニックスにトレードダウンの噂 狙うはケンタッキー大のタイリース・マキシーか

ウォリアーズ、『ESPN』発表の来シーズン・パワーランキングで6位「自分たちがまだ終わっていないと証明したい」

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Stephen Curry
  • Draymond Green
  • Klay Thompson
  • Andrew Wiggins

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウォリアーズOBのマット・バーンズが古巣の課題について持論「ベンチの強化は必要不可欠」