ファイナル第6戦に強行出場のゴラン・ドラギッチ「わずかなチャンスを信じて、あらゆる手を尽くした」

NBAファイナル第1戦の前半に左足の足底筋膜を負傷し、その後の4試合を欠場したマイアミ・ヒートのゴラン・ドラギッチが、ロサンゼルス・レイカーズに3勝2敗と王手をかけられて迎えた第6戦で復帰を果たした。 この試合でドラギッチはベンチから18分間出場して5得点、5リバウンド、2アシストを記録したが、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が試合前に「プレイによって悪化することはないようだが、怪我の痛みは凄まじく、左足にあまり体重をかけられない状態」と報じていた通り、本来の調子とは程遠い状態だった。

【無料】NBA情報局 DAILY9を観る(10月12日配信)

しかし、『ESPN』のマリカ・アンドリュース記者によると、ドラギッチは試合後に「復帰できるチャンスはごくわずかだった。だが、僕は全力を尽くし、あらゆる治療を行った。試合当日も治療を続けたが、完治には至らなかった。だが、それは仕方のないことだ」と、怪我を押してでもキャリア初のNBAファイナルでチームに貢献したい気持ちがあったことを明かしたそうだ。 また、気になる怪我の状態についてドラギッチは「足底筋膜を痛めた場合は基本的に自然治癒を待つしかないと、チームドクターに言われている。だから、これからしばらくは休息を取って怪我の回復を待つつもりだ。医者に行く必要もないし、手術の必要もない。だが、このNBAファイナルの間に怪我を完治させるには時間が足らなかった。それがとても残念だった」と語ったと、アンドリュース記者は伝えている。 今シーズン、ジミー・バトラーに次ぐ得点源として平均16.2得点を記録したドラギッチは、プレイオフで平均得点を19.1得点にアップさせていた。ヒートはNBAファイナルでレイカーズの守備に苦戦していただけに、ドラギッチの怪我は大いに悔やまれるところだろう。 2008年のNBAドラフト2巡目全体45位指名でNBA入りしたスロベニア出身のドラギッチは、最も成長した選手に贈られるMIP賞を2014年に受賞、2018年にはオールスターゲーム出場と着実にステップアップしてきた。34歳となって迎える今オフには完全フリーエージェントになるが、果たしてヒートに残留するのか。

その他のニュース

自身初のNBAファイナルで全てを出し切ったヒートのジミー・バトラー「マイアミの街とチームメイトのために優勝したかった」

レブロン・ジェームズ、4度目の優勝達成も“NBAの未来”を意識「どのように次世代を鼓舞するかが最も重要なこと」

キャリア初優勝のアンソニー・デイビス、今オフの完全FAの可能性に言及「見当もつかない」「代理人と話す」

「一生の思い出を分かち合った」バブルにおけるヒートの健闘を称えたエリック・スポールストラHC

【10月13日(火) 】『NBA情報局 DAILY9』の今季最終回スペシャルにNBA Rakuten解説陣が大集結!

関連タグ

チーム

  • ヒート

選手

  • Goran Dragic

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAファイナル
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ファイナル第6戦に強行出場のゴラン・ドラギッチ「わずかなチャンスを信じて、あらゆる手を尽くした」