セルティックスのレジェンドがチームの弱点を指摘「取り戻すべき選手はアーロン・ベインズ」

1977年から1985年までボストン・セルティックスでプレイし、2度の優勝とファイナルMVP(1981年)を獲得したレジェンド選手のセドリック・マクスウェルが、今シーズンのチームの戦いぶりや、今オフの補強ポイントについて語った。 『NBC Sports Boston』のジャスティン・リーガー記者によると、『Celtics Talk Podcast』にゲスト出演したマクスウェルは、カンファレンス決勝で敗退と、あと一歩のところでNBAファイナル進出を逃した古巣について以下のように語っている。

■ファイナルをお得に観よう! キャンペーン実施中

「プレイオフの終わり方から考えると、今年のセルティックスには大きなチャンスがあったと言えるだろう。今シーズンの最初に、私はセルティックスがイースタン・カンファレンス決勝に進出するかもしれないと予想した。だが、実際に彼らがそこまで到達したら、もっと先に進んでもらいたいと思った。私は、彼らが自分たちの道を自らの力で切り開くことを願ったんだ」 さらに、マイアミ・ヒートとのカンファレンス決勝でセルティックスが露呈した弱点の改善策として、昨季までチームに在籍したビッグマンを連れ戻すべきとした。 「セルティックスがアーロン・ベインズを取り戻すことを願っている。巨漢のベインズがいれば、インサイドで相手からチャージングを奪うことができるし、ペイント内に簡単に進入されなくなる。ヒートのバム・アデバヨのような選手にも、好きにプレイされないはずだ。今シーズンはダニエル・タイスも良かったが、ヒートのシリーズではセルティックスのペイント内の弱さが露呈された」 ベインズは今オフに完全フリーエージェントになるが、サラリーキャップに余裕のないセルティックスにとってベインズ獲得は難しいタスクとなる。敏腕で知られるダニー・エインジGM(ゼネラルマネージャー)は、インサイド強化のためにどのような手を施すのだろうか。

【無料】NBA情報局 DAILY9を観る(10月9日配信)

その他のニュース

来季のウォリアーズは優勝候補の最右翼!? 米記者が主張「ビッグ3はレイカーズのそれよりも優れている」

ジャマール・マレー、カナダ人気ドラマ内に登場するモーテル住まいの過去に脚光 当時関係者は証言「この子は特別」

レジェンドのゲイリー・ペイトンがヒートのチームカルチャーについて言及「限界を超えることを常に要求する」

【〆切11/30(月)】コメントするだけ! 渡邊雄太サイン入りバスケットボールが5名様に当たる!

【結果発表】『DAILY9Next』MC陣のコーデバトル:初デート編|コメントしてNBAアパレルを当てよう!

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Aron Baynes

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. セルティックスのレジェンドがチームの弱点を指摘「取り戻すべき選手はアーロン・ベインズ」