“G.O.A.T.論争”に解説者ジェイレン・ローズが見解「レブロン・ジェームズはまだ乗り越えるべきハードルがある」

今年のNBAファイナルでロサンゼルス・レイカーズが優勝した場合、レブロン・ジェームズにとって通算4度目のNBA制覇となる。ファイナル出場回数は歴代3位タイ(通算10度目)という史上屈指の功績を残すジェームズが、再びタイトルを獲得することができれば、彼を“G.O.A.T.”(Greatest of All Time/史上最高の選手)に推す声は増えるかもしれない。 ただ、元NBA選手で現在は解説者として活躍するジェイレン・ローズは、たとえ優勝できたとしてもジェームズは史上最高の選手ではないと主張。『ESPN』のトーク番組『Get Up』でローズは以下のように見解を示した。

■ファイナルをお得に観よう! キャンペーン実施中

「彼にはまだ乗り越えるべきハードルがある。ジョーダンは2度、3連覇を達成するほど支配的だった。レブロン・ジェームズは3連覇を経験していない。彼はファイナルに10度出場したかもしれないが、ビル・ラッセルは13シーズンで11度チャンピオンになっている。それを見逃すことはできない」 ローズはレブロンに限らず誰か1人をG.O.A.T.とするのは難しいが、それでも彼の選ぶ史上最高の選手はジョーダンだとした。 「これらの選手たちはみんな素晴らしく、とてつもない実績を残している。1人だけを選べない時もある。だから、ラシュモア山(名だたるアメリカ歴代大統領の顔が彫られた山)があるんだ。ただ、私の意見ではマイケル・ジョーダンが間違いなく全ての世代における“G.O.A.T.”だ」 歴代最高の選手はジョーダンか、ジェームズか、はたまた2人以外の選手か。別の時代でプレイした選手たちを比べることはできないため明確な答えはなく、この議論は今後も続いていくことだろう。また、それを楽しむのもNBAの醍醐味の一つと言えるかもしれない。

関連タグ

選手

  • LeBron James

キーワード

  • ニュース全般
  • マイケル・ジョーダン
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. “G.O.A.T.論争”に解説者ジェイレン・ローズが見解「レブロン・ジェームズはまだ乗り越えるべきハードルがある」