クリッパーズのポール・ジョージ、プレイオフ敗退も「優勝しなければ失敗という年ではない」

ポール・ジョージとカワイ・レナードという2大スーパースターが加入したロサンゼルス・クリッパーズは今シーズンの注目チームのひとつだったが、大方の予想に反してカンファレンス準決勝という早い段階でプレイオフから敗退することとなった。 しかも、プレイオフ最後の試合となった9月15日(日本時間16日)のデンバー・ナゲッツ戦では、本来ならチームを牽引すべき存在のレナードが14得点(フィールドゴール 6/22、3ポイント 2/7)、ジョージが10得点(フィールドゴール 4/16、3ポイント 2/11)と精細を欠き、3勝1敗からの3連敗でシリーズ敗退という悔しい結果となった。

■プレイオフをお得に観よう! キャンペーン実施中

期待を裏切る結果となったことについてジョージが語った内容を『NBC Sports』のカート・ヘリン記者は伝えている。 「(優勝という)期待に応えられなかったのは事実だ。だが、俺たちは別に『今年チャンピオンにならなかったら失敗』と思いながらプレイしていたわけではない。長い時間をかけて一緒にいることで、俺たちはもっと上手くプレイできるようになるはずだ。チームとしてもっとケミストリーを作ることができていれば、もっと良い結果になったはずだ。それが今シーズンの結末だ。俺たちには一緒に過ごす時間が十分に無かったんだ」 ヘリン記者によると、チームメイトのルー・ウィリアムズも試合後の会見で「ケミストリーはなかった」とコメントしていたそうだが、その事実が如実に現れたシーンが第7戦の試合中にもあったようだ。 『yahoo! sports』のクリス・ヘインズ記者が、そのシーンについて以下のようにリポートしている。 「第2Q(クォーター)序盤に、ジョージが不注意で2度ターンオーバーを犯し、その2つめのターンオーバーはモントレズ・ハレルへのパスミスだった。その直後のタイムアウトで、ハレルはジョージに詰め寄って不注意なパスをしないように注意したが、ジョージは自分の非を認めなかったそうだ。そこで、ハレルはジョージに向かって『お前はいつだって正しい。誰もお前には文句を言えない』といった趣旨の発言をしたと、情報筋は伝えている」 ケミストリー構築が来季の課題となるクリッパーズ。ハレル、マーカス・モリス、レジー・ジャクソンと言った面々が今季終了後にフリーエージェントとなるが、オフの移籍市場ではどのような動きを見せるのだろうか。

その他の最新ニュース

11年ぶりのカンファレンス決勝進出を決めたナゲッツ 指揮官はチームの結束力を称賛「彼らはお互いのことが大好き」

セルティックスのケンバ・ウォーカー、カンファレンス決勝初戦の低調パフォーマンスを悔恨「正直ひどかった」

3勝1敗から逆転負けのクリッパーズ、ルー・ウィリアムズが敗因を振り返る「ケミストリーがなかった」

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ

選手

  • Paul George

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クリッパーズのポール・ジョージ、プレイオフ敗退も「優勝しなければ失敗という年ではない」