クリッパーズのカワイ・レナードを指揮官が絶賛「まるで外科医のようだ」

ロサンゼルス・クリッパーズは、9月9日(日本時間10日)に行われたデンバー・ナゲッツとのカンファレンス準決勝第4戦に勝利して対戦成績を3勝1敗とし、カンファレンス・ファイナル進出に王手をかけた。 ここまでクリッパーズは堅守を武器に勝ち上がってきたが、オフェンス面ではカワイ・レナードの安定した活躍ぶりが光っている。今シーズンより加入したレナードは、レギュラーシーズンの57試合で、いずれもキャリアハイとなる1試合平均27.1得点、4.9アシストに加え、7.1リバウンドを記録したが、プレイオフでは平均29.2得点、9.8リバウンド、5.7アシストとさらに調子を上げている。

■プレイオフをお得に観よう! キャンペーン実施中

感情をあまり見せず淡々と任務を遂行することから“ロボット”と呼ばれることもあるレナードだが、チームを牽引するそのプレイぶりをドック・リバースHC(ヘッドコーチ)は「外科医のようだ」と形容。その会見の内容を、『ClutchPoints』のトマー・アザーリー記者が伝えている。 「彼はまるで外科医のようだ。“ロボット”というのは適切な表現ではない。彼はやるべきことをシステマチックにこなしている。また、自分のやることに信念を持っており、それを徹底している。彼のように自分のプレイを理解し、何が足りていないかを見極められる選手は滅多にいない」 「もしレナードが多くのシュートを打った試合があったら、それは素晴らしいことだ。シュートが得意な選手であっても、調子が悪い試合があったら、シュートを打つのをためらうようになることがある。だが、彼はそうならない。彼は、そういう選手なんだ」 トロント・ラプターズを優勝に導いた昨年のプレイオフで、レナードは1試合平均30.5得点、9.1リバウンド、3.9アシストを記録。特別派手なプレイをするわけではないが、チームが必要とする場面で着実に得点できるレナードのような選手こそが、優勝を目指すチームにとって必要不可欠なのかもしれない。

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ

選手

  • Kawhi Leonard

キーワード

  • ニュース全般
  • ドック・リバースHC
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クリッパーズのカワイ・レナードを指揮官が絶賛「まるで外科医のようだ」