NBAと選手会が共同声明を発表、8月29日(日本時間30日)からプレイオフ再開へ

8月28日(日本時間29日)、NBA選手会のミシェル・ロバーツ事務局長とNBAのアダム・シルバー・コミッショナーは、共同声明を発表した。以下、リリースより抜粋。


昨日は、NBAの選手、コーチ、チームの首脳陣らとともに、ソーシャルジャスティス(社会正義)と人種的平等を支持する集団的努力と行動をさらに推し進めるための次のステップについて、率直に、情熱的かつ生産的な会話を行ないました。参加者の中には、現在オーランドに滞在している全13チームの選手やチームの代表者らもいました。そして、選手とリーグがともに、以下の公約を実現するために善処することを理解した上で、8月29日(同30日)からプレイオフを再開することで合意しました。 1.NBAと選手たちは、選手、コーチ、理事会の代表が共になり、投票へのアクセス増加、市民参加の促進、警察と刑事司法の有意義な改革の提唱など、幅広い問題に焦点を当てる社会正義連合を可及的速やかに設立することで合意しました。 2.フランチャイズがアリーナを所有する全都市で、チーム理事は地元の選挙役員と共に、新型コロナウイルスの影響を受けやすいコミュニティに安全な対面投票のオプションをもたらすべく、2020年総選挙に向けて、アリーナを投票場所に変換することを実現させます。期日を超えた場合、チーム理事は地元選挙役員と共に、有権者登録や投票受付委員会など、投票に関連した施設の利用方法を模索します。 3.リーグは選手、そして放送局と共に、国政選挙と地方選挙への市民参加を推進し、有権者のアクセスと機会に関する意識を高めるため、NBAプレイオフの試合で広告スポットを作成し、導入します。 これらの公約は今後数か月にわたるリーグと選手会の緊密な協力関係に基づいたもので、NBAのシーズン再開に向けて安全かつ健康的な環境をデザインし、ソーシャルジャスティスを推し進めるためのプラットフォームを提供するとともに、黒人のコミュニティを経済的にエンパワーメントするためのNBA基金の設立を目指します。 私たちはプレイオフの再開を楽しみにしていると同時に、すべてのNBAチームとともに有意義かつ持続可能な変化を推進するために、協力を続けていきます。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • アダム・シルバーNBAコミッショナー
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAと選手会が共同声明を発表、8月29日(日本時間30日)からプレイオフ再開へ