デイミアン・リラードが61得点と爆発! ブレイザーズは勝利で西8位に浮上

ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードが、8月11日(日本時間12日)のダラス・マーベリックス戦でキャリア最多タイとなる61得点と爆発し、ブレイザーズを134対131の勝利に導いた。この勝利でブレイザーズは、同日行われたボストン・セルティックス戦で敗れたメンフィス・グリズリーズを抜き、ウェスタン・カンファレンス8位に浮上している。 第4クォーターだけで22得点を荒稼ぎして勝利を呼び込んだリラードが、60得点以上を記録したのはこの試合を含めて今シーズン3度目。『ESPN』によると、同一シーズンに3度の60得点超えを達成したのはウィルト・チェンバレンに次いでNBA史上2人目の快挙。また、2戦連続での50得点超えは史上12人目で、同記録を達成したブレイザーズ史上初の選手となった。

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

リラードは試合後のインタビューで「ここ(オーランド)に到着したときにも言ったけど、時間を無駄にするためにここに来たわけじゃない。僕らは求めていたチャンスを貰い、その目的を達成するためここにいる。まだ仕事は終わっていないが、全力を尽くすよ」とプレイオフ出場権獲得への意気込みを力強く語った。 ブレイザーズのテリー・ストッツHC(ヘッドコーチ)は「バブル(隔離地域)にいる選手の中で、デイム(リラードの愛称)以上にプレイオフ出場へ懸ける思いが強い選手はいない。残るは1試合だが、彼のリーダーシップとプレイが、チームを引っ張っている」と歴史的なパフォーマンスを披露した大黒柱を讃えた。 ブレイザーズはリラード以外に、カーメロ・アンソニーが26得点、8リバウンド、ザック・コリンズが11得点、8リバウンドと勝利に貢献。 敗れたマーベリックスは、クリスタプス・ポルジンギスが36得点、6リバウンド、ルカ・ドンチッチが25得点、10アシスト、8リバウンドを記録した。 ブレイザーズは次戦のブルックリン・ネッツ戦に勝利すればカンファレンス8位が確定し、プレイイン・ゲームズ(プレイオフ出場決定戦)進出が決まる。リラードも「最も重要な試合」と語るネッツとの一戦は、8月13日(同14日)に行われる。

■ブレイザーズ vs マーベリックス戦を観る

関連タグ

チーム

  • トレイルブレイザーズ

選手

  • Damian Lillard

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. デイミアン・リラードが61得点と爆発! ブレイザーズは勝利で西8位に浮上