ピストンズのブレイク・グリフィン、来シーズンの“12月1日開幕説”に難色「ナンセンス」

NBAは新型コロナウイルスのパンデミックにより中断していたシーズンを7月30日(日本時間31日)から再開した。2020-21シーズンの開幕は例年の10月ではなく12月に遅らせる見込みとなっているが、デトロイト・ピストンズのブレイク・グリフィンはオフ期間が短すぎると主張している。 ピストンズなど再開シーズンに参加できなかったリーグ下位8チームはすでに約5か月実戦から遠ざかっている状況だが、グリフィンは自身のポッドキャスト『The Pursuit of Healthiness』で『CBS Sports』の質問に回答。「ファイナル第7戦は10月13日(日本時間14日)。来シーズンの開幕は12月1日(同2日)と言われている。プレイオフを戦った選手にそれは実現可能?」と尋ねられ、「いや、そうは思わない。どうやって臨めばいいのか分からない」と見解を述べた。

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

「過去何か月間もバスケットボールをしていない選手たちにとっては十分な時間じゃない。それは7月初旬から(オーランドの)バブルに入っている選手も同じだ。コートに立てば、メンタル面の消耗は避けられない。ファイナル終了後、もっと時間が必要だ」 オーランドで再開したシーズンも無観客で行われており、新型コロナウイルスの猛威が消えていない現状では、来シーズンも従来の形式で開催できるかは不透明だ。グリフィンは時間をしっかりとって検討すべきだとしている。 「無観客の状態でシーズンを開始するのは必ずしも理に適っているとは思わない。議論がどの段階か分からないけど、12月1日のシーズン開幕、11月10日のトレーニングキャンプスタートはナンセンスだ」 グリフィンはピストンズ移籍3年目の今季、ハムストリングと膝の痛みで開幕10試合を欠場。年明けに左膝の手術を受けて今季絶望となり、出場わずか18試合で平均15.5得点、4.7リバウンド、3.3アシストに終わった。チームも20勝46敗でイースタン・カンファレンス13位に沈み、オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内に設けた“バブル”(隔離地域)で再開したシーズンに参加できなかった。 来季の開幕日はまだ確定していないが、NBA、アダム・シルバー・コミッショナー、選手会はどのような結論を導き出すのか。

関連タグ

チーム

  • ピストンズ

選手

  • Blake Griffin

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ピストンズのブレイク・グリフィン、来シーズンの“12月1日開幕説”に難色「ナンセンス」