マーベリックスの4年ぶりとなるプレイオフ出場が決定

8月2日(日本時間3日)、メンフィス・グリズリーズが106対108でサンアントニオ・スパーズに敗れたことにより、ウェスタン・カンファレンス7位のダラス・マーベリックスのプレイオフ出場が確定した。マーベリックスがプレイオフに進出するのは2016年以来初となる。 マーベリックスは、ダーク・ノビツキーがデビューした1999年から一気に成績を上げ、2000-01シーズンから2015-16シーズンまでの16年間で15回プレイオフに進出し(プレイオフを逃したのは2012-13シーズンのみ)、2011年には優勝も経験したが、2016-17シーズンからは3シーズン連続でプレイオフ進出を逃している。この事実を踏まえ『NBA.com』は、「マーベリックスがノビツキー抜きでプレイオフを戦うのは1990年以来初」と伝えている。

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

プレイオフ進出が確定した日に、マーベリックスはフェニックス・サンズに117-115で敗れたが、試合後の会見でセンターのクリスタプス・ポルジンギスは「僕たちの目標はプレイオフ進出だった。そして、僕たちはその目標を達成した。だが、僕たちが今すべきことは、レギュラーシーズンの残り試合をすべて勝つこと。これは短距離走ではなく、マラソンのようなものだ。シーズン再開後のシーディングゲームで2連敗しているが、これはチームの成長過程の一部だと僕は考えている。僕たちは、この状況を切り抜けて、更に成長するだろう」という力強いコメントを残したと、『ESPN』のティム・マクマホン記者は伝えている。 マーベリックスは、2日の全試合が終了した時点で、ウェスタン・カンファレンス4位のヒューストン・ロケッツ、同5位のユタ・ジャズと3.5ゲーム差しか離れていないため、シーディングゲームの残り6試合で更に順位を上げる可能性がある。

関連タグ

チーム

  • マーベリックス

選手

  • Luka Doncic
  • Dirk Nowitzki

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マーベリックスの4年ぶりとなるプレイオフ出場が決定