一時離脱していたザイオン・ウィリアムソンが再びバブル入り

7月24日(日本時間25日)、ニューオーリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが、再開シーズンの開催場所であるフロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内の“バブル”(隔離地域)に戻ってきたとチームが公式サイトにて発表した。ウィリアムソンは、家族の健康問題を理由に、16日(同17日)から一時的にバブルを離れていた。 NBAが定めた規定により、ウィリアムソンは現地到着後すぐに隔離期間に入る必要がある。隔離される期間はまだ正式に発表されていないが、離脱中も毎日欠かさず新型コロナウイルスの検査を受けて陰性結果を出し続けたこともあり、4日間になるだろうと『ESPN』のアンドリュー・ロペス記者は伝えている。また、その場合、7月30日(同31日)に予定されるペリカンズの再開シーズン初戦(ユタ・ジャズ戦)には間に合うだろうとした。 ウィリアムソンはチームを通して「プライベートな家族事情によって離れていた間も、私と家族に対して愛情とリスペクトを示してくれたみなさんに感謝します。オーランドでチームに再合流できることを嬉しく思います。そして、隔離期間後にチームメイトと共にコートに戻るのが楽しみです」とコメントを発表した。 ウィリアムソンは今季膝の怪我で出遅れたものの、今年1月に復帰して以降19試合に出場し、平均23.6得点、6.8リバウンドを記録していた。ペリカンズは、28勝36敗の成績でウェスタン・カンファレンス10位につけており、3.5ゲーム差で追いかける同8位のメンフィス・グリズリーズらと、再開シーズンではウェスト最後のプレイオフ出場枠を懸けて争う。

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ

選手

  • ザイオン ウイリアムソン

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 一時離脱していたザイオン・ウィリアムソンが再びバブル入り